柴犬のカンスケとあんず、たまとたまチリの暮らしを紹介します(一時期グリ日記)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<陸前高田~釜石~大槌~宮古>

2日間お世話になった望洋平キャンプ場を後にして、
陸前高田市方面へ向かい北上しました。
途中、釜石、大槌、山田と通りました。

海辺のキャンプ場も駅もスーパーもない。
潮干狩りしたところも。
あれから1年5ヶ月たったのにまだ・・・。

胸が痛くて苦しいけど、ここでも頑張っている人がいます。
コンビニとホームセンターが各町にあるのが印象的でした。
仮設のドラッグストアもありました。

大船渡の吉浜(吉浜=キッピンのアワビは有名です)で
調査のアルバイトでしばらく滞在したことがあります。
吉浜の海水浴所のすぐそばで、
朝には近くのお寺の鐘の音で目を覚ましたのを覚えています。

夕飯には一人ひとつアワビが出て、貧乏学生だった私は
非常に興奮してました。
秋になると海に流れ込む川をサケが遡上し、
バシャバシャと音を立てていました。

その泊まった宿もお寺も全てなくなっていました・・・。
何とか皆さん、助かっていて欲しい。

お昼にはまだ少し早かったのですが、
三陸に来たら食べたいものがありました。
磯ラーメンです。

大槌町の吉里吉里、波板海岸の近くにある「きりきり善兵衛」さんで
磯ラーメンを食べることができました。

磯ラーメン

磯の香りがして、美味しい塩味のラーメンです。
以前来た時と比べて、限られたメニューではあるけど、
再開してくれてとても嬉しく思います。
必ずまた来ます。

その後、宮古市に入り、市内のスーパーで買い物。
とその前に立ち寄ったのがauショップ。
携帯の電源が切れちゃいまして・・・。
たまチリの手持ちの充電器では私の携帯は車から充電できず
慌てて探して充電をお願いしてきました。
タダでやってくれるんですね。
何だか嬉しくなっちゃいました。

気仙沼の眼鏡やさんといい、お世話になってばかりで・・・。
助かりました。


<宮古~田老~田野畑~岩泉>

源兵衛平に別れを告げ、また106号を宮古方面へ向かいました。
そこから田老、岩泉、田野畑と北上。
本当は宮古の浄土が浜で船に乗ろうと思っていたのですが、
思っていたより人が多く断念。

今回行けなかったのですが、ワンコと乗れる船があります。
浄土が浜マリンハウス
ここでワンコと一緒に乗って遊覧できる船があります。
2名定員の船もあるし、船頭さんは後ろで運転だし、
抱っこすればいけるかな?なんて思っていました。
いつかチャレンジしたいと思います。


今回は初めて道の駅田野畑まで行くことができました。
車で走っていて思ったのですが、とにかく道がきれい。
本当にゴミひとつ、吸殻ひとつ落ちていません。
お盆を前に近所の方が掃除したようです。

<道の駅 たろう>
ここまで来る途中、田老の堤防が見えました。
世界にも類を見ないほどの大堤防ですが・・・。
あぁ、なんてことに・・・と声も出ません。

昔、この堤防よりも海側にある民宿に泊まったことがあります。
堤防があって、国道からは海が見えなかったのに・・・
今は見えてしまいます・・・。


<熊の鼻展望台>
国道から側道に入っていく展望台ですし、大きな施設でもないんですが、
20年近く前にたまチリと来たことがある展望台です。

小本 熊の鼻展望台

火曜サスペンスみたいな断崖絶壁が続きます。
これがリアス式海岸なのよというお手本みたいなものです。

リアス式海岸

崖をのぞく

暑い


<道の駅 たのはた>
田野畑は乳業や松茸が特産なのだそうです。
以前来た時は、国道ではなく海岸線を登ったり降りたりしながら、
苦労して走ったような気がしますが・・・。
立派な道の駅がありました。

お昼前だったので、ちょっと腹ごしらえ。
たまチリはワカメ蕎麦、私は鴨だしラーメンを。

鴨だしラーメンとわかめそば

で、たまチリはお店の前で炭火で炙られている田楽を見て、
「うぉー田楽、ひとつ下さい」と注文し、写真を撮る前に完食。
私は一口しか食べてないぞ-。

鴨だしラーメンは、鶏ガラよりも濃いような気がしますが、
後味がさっぱりしていたと思います。
麺は固めで縮れ麺。かんすい多めか。
懐かしい昔ながらの中華蕎麦という感じです。
歯ごたえのあるおいしいワカメもアクセントに・・・。
(ラーメンレポ風)
後で大失敗と思ったのが、ソフトクリームを食べなかったこと。

その後、ワンコたちと一緒に道の駅の奥にある公園を散歩。
広い公園ですが、子どもさんもいたので端っこの遊歩道を歩いていきました。

公園4

コミュニティ公園

公園3

公園2

公園5


今回、立ち寄ったお店の食事の写真は撮りましたが
その他の写真は撮りませんでした。
というか、撮れませんでした。

陸前高田の一本松は・・・と思いましたが、
たまチリもカメラを出してもやはり撮れませんでした。
メディアで見聞きしてわかったつもりでいた自分でした。
でもそれは一部でしかなかったと思います。
見ようと思うまで時間がかかりましたが、行って現実をこの目で見てよかったです。
行ける状況にある皆さん、ぜひ行ってみてください。
伝わってくるものが必ずあると思います。
田野畑から少し南下して、岩泉に入りました。

岩泉 赤穴

龍泉洞がある山、宇霊羅山(うれいら-さん)の近くにある洞穴です。
赤穴というそうです。
学生時代に聞いた説明では、縄文時代の石器などが発掘されたとか。
こんな所に住むなんて絶対に無理だ!と思った記憶が・・・。
縄文時代はもっと低かったのかな。忘れてしまった・・・。


今年も藪川蕎麦
岩泉から内陸の方へ向かうと、岩洞湖湖があります。
そこを通り過ぎると去年も行った「藪川蕎麦」があります。

岩手のお蕎麦はおいしいです。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2012/08/31 14:52】 | 旅・お出かけ
トラックバック(0) |

たま
マッシュさんへ
思うように言葉が出ない・・・その通りでした。
こうして書いてみてもまだ不十分な気もします。

書き始めると長くなるし、
これじゃあなと思って直すと短くなったり・・・。
百聞は一見にしかずってこういうこと言うんでしょうね。

マッシュさんが記事書けないのは情けなくないですよ。
それだけ想いが大きいからだと思います。

これからまだまだたくさんおいしいものが採れる季節ですしね。
(サンマ、鮭、牡蠣、・・・!)

うちも今度は八戸の方まで行ってみたいと思っていました。


マッシュルーム
思うように言葉が出ないんだけど…
いっくらデジタル放送になったって、現実は伝えられないんだよね。
私は宮城の海に行ってきたけど、こうして記事を書くことも出来なくて本当に情けないって思ってます。

あぁ、やっぱり言葉が出ないけど、今度は岩手の沿岸部にも行かなくちゃ。食べ物もおいしそうだし、ってか、おいしいんだよね!


コメントを閉じる▲
あの大震災から1年5ヶ月たって、やっと見に行くことができました。
去年はどうしても行けなかった・・・。
でも見ておかないと、と思うようになりました。

実際にこの目で見て、改めて自身と津波の恐ろしさを感じました。
うまく表現できずもどかしいのですが、記録として残しておきたいと思います。


<南三陸町~気仙沼>

気仙沼に行く途中、伊豆沼に立ち寄るとハス祭りが開催されていました。

ハスまつり会場


船に乗って、ハスの花の間を遊覧できるそうです。
ワンコも抱っこして乗ることができますよと言われましたが、
日差しが強くなってきたので今回は遠慮しました。

一面のハス

ハスが広い沼一面に咲いていて、本当にきれいです。
お盆だったせいか何となく不思議な感覚になりました。

カキ氷を食べて次の目的地、南三陸町へ向かいました。
あんずキョロキョロ


南三陸町志津川地区にある、南三陸さんさん商店街へ向かいます。

内陸から海の方へ走っていくと、
山が道路の両脇に迫っていて、道路の脇の杉が枯れています。
何だろう?と思っていたら、津波が来て塩を被ったせいだと
やっと理解できました。
まさかこんな所にまで津波が・・・。


復興商店街に着いたのは11時頃でした。
ちょうどお店が開く頃です。
たくさんの人がいて、元気のいい声でお客さんを呼び込んでいます。

南三陸町ではキラキラ丼と名づけられた丼がいろんなお店で
食べることができます。
今の季節はキラキラウニ丼です。
お値段は1800円~となっています。
今回は松原食堂さんにて食べました。

ウニ丼
ものすごい生ウニです。甘くて、とろけました。
採れたてそのままなので、みょうばんの苦味は全くしません。

南三陸の特産、生タコのお刺身もついています。
お味噌汁に入っているフノリやワカメもとても美味しいです。
松原食堂さんのキラキラウニ丼


皆さんここまでさぞ頑張っていらしたんだろうと思いながら食べていると、
お店の方が「美味しいですか?」と声をかけてくれました。
何だか胸が詰まってしまって、美味しいですとしか答えられず、
会計を済ませて出ようとする時にも
ありがとうございました!と笑顔で挨拶してもらっても、
また胸が詰まってただ「ごちそうさまでした」と
頭を下げることしかできませんでした。

商店街の中を見て、Tシャツ(タコのかわいいの)を買い
ふとまわりに目を向けると、
真後ろの建物は合同庁舎でしょうか、
その被害の大きさに改めて津波の恐ろしさを感じました。

本当にあんな高さの所まで波が来たのかと、
見上げるために首を曲げていて、これが現実なんだと思い知らされました。

その後、海の方へ走るとすぐに防災庁舎が見えました。
たくさんのお花や折鶴がありました。

そのまま、海沿いを気仙沼へ向かいました。
最初に立ち寄ったのが眼鏡やさん。
前日にフレームを曲げてしまいました。
ささっとすばやく直してくれて、いつでも来て下さいねなんて言われて
もう、ほんとにありがとうございました。

その後、1階まで津波がきた後、復活した「お魚いちば」で
今晩の食材をお買い物。

気仙沼は何度も来ていますが、あまりの変わりように言葉もなく。
でもお魚いちばは震災前のように活気があり、
新鮮な魚介類やおみやげもたくさんあります。
お魚いちばの近くには復興商店街もありますよ。
カツオの生利節も以前の大きさで売っていました。
もう嬉しくってねぇ。


<陸前高田~碁石海岸~気仙沼>

2日目は望洋平から陸前高田市内に降りて、大船渡まで行き、
また45号線を南下して気仙沼から帰ってくる予定です。
あまり日程的に無理したくないのと、
陸前高田で1本だけ残った高田松原の松の木を見たくて・・・。

たまチリのリクエストで今日の夕飯は肉だそうで、野菜も途中で買おうと
陸前高田の「採れたてランド」に立ち寄りました。
野菜は安いし新鮮そのものです。
近くに仮設住宅があるので買い物に来ている方もいらっしゃるようです。
お盆なので果物やお花もたくさんありました。

高田松原の松は本当に1本だけ。
以前、野外活動センターに泊まった事がありますが、
おそらくその近くかと思います。
近くまで車では行くことができず、少し通り過ぎて海の方へ行く道に入り
広くなったところで停めて見ました。
海側から見ることができたのですが、何とも言えず・・・。
他に見ている人も何も言わずじーっと見ていました。

海は穏やかで青くて昔のような海だけど、
街も変わり道路も壊れ、残った建物はひどく壊れ・・・。
以前はたくさん家が建っていましたが、家があったという痕跡だけで・・・。
あれから1年5ヶ月経ち、家があったであろう所には草が生えています。
鉄道も線路すらない所もあり、そのままです。
辛いです。

大船渡の碁石海岸はレストハウスはそのままで営業していました。
たくさん人がいて、ワンコを降ろせなかったので
そのまま引き返してきましたが、途中の道路は陥没したり壊れています。
地盤が低くなったとは聞いていましたが、
本当にすぐ近くまで海が迫っていました。
道路は今工事がたくさん行われています。

気仙沼に戻り、たまチリの会社の支店があった所を通りましたが
まったく跡形もなく、再開した会社の位置関係でこの辺りだろうと
見当をつけるだけでした。
それでも所々に新しい冷凍庫や倉庫ができていました。
気仙沼も地盤沈下が酷く、盛り土をして懸命に道路を直しています。

【2012/08/31 14:24】 | 旅・お出かけ
トラックバック(0) |

3日目は岩手県宮古市まで海岸を北上してきました。
この間の様子はまた後ほど。

宮古市内で買い物した後、106号を盛岡方面に向かいます。
茂市(もいち)で右折して岩泉方面へ向かい、途中で右折して山に登ります。
(看板あります)
茂市で右折する交差点近くには「リバーパークにいさと」という
オートキャンプ場や入浴施設・宿泊施設がありますよ。
(キャンプ場は昔は犬OKだったみたいだけど今はNG)

今日のキャンプ場、源兵衛平高原は
もうかれこれ10数年前、フィールド調査の途中であまりの寒さに
暖かい飲み物が飲みたくなり、立ち寄ったキャンプ場です。
コンクリのテーブルの陰で風と霧を避けながら何とかガスでお湯を沸かして
はぁ、生き返った。何て言ってた所です。
昨日のことのように思い出しますが、もうかなり経ったのね。
でもキャンプ場は何も変わらず。嬉しいなぁ。

宮古方面でワンコOKのキャンプ場がなかなかないので
どうしようかと思っていました。
(海岸付近は津波で・・・野田・久慈辺りまで行かないとありません)

うーん困ったと唸っていて、ふと思い出したのがこのキャンプ場。
一応、市役所へ電話して確認しました。(昔は村だったのに合併してた)
特に利用申請もなく、ワンコ連れの規定もなく、無料です。
まぁ、自己責任でということでしょうね。
車でしか行けませんよと心配されましたが、経験アリなので問題なし。
で、行った事あるなら大丈夫ですねと言われておしまい。

たまチリでさえ知らないキャンプ場・・・。
誰もいないだろうと思ったら・・・。


いた。


屋内焚き火炉がある小屋に監視のおじさんがいて読書していました。
(何の監視かはあえて秘密)
すごくびっくりされましたが、学生時代にかくかくしかじかと話すと
「そりゃあいい、ぜひ使うべきです」と。
ただ、電気もないし、湧き水はあるけど飲めるかどうかは?だし
熊が出るので爆竹分けてあげるねとのこと。

電気はないのは知っていましたし、水も持ってきていたので
大丈夫だしと思っていました。
が、熊はやっぱり出るのねー。夏でも出るかー。そうかー。

使わなかったら置いていきますということで、手持ちのジッパー付き袋に
2つに分けてたまチリと私とで携帯。
熊鈴とかラジオとか持ってきていなかったので、最後の手段ですが
使わないことを祈りますよ・・・。

あ、トイレはボットンですがトイレットペーパーまであります。
薪も非常用かな、少しありました。
炊事場もあるし、いざとなったら室内炉がある広い小屋で
テントを張ることもできるので安心です。
(いざって何よと言われても困っちゃいますが・・・)

コンクリの太い管には湧き水が流れ込んでいて、
飲めないかもしれないけど飲み物を冷やしたりするのには最適です。
(底の方におたまじゃくしいたけど)

夕方になるとおじさんはハーレーでドドドドドと帰っていきました。
こうなるともう、静寂そのもの。

源兵平全景
左の下がった奥の方に小屋と炊事場、湧き水があります。

テントとタープを張って、夕方の散歩に行きます。
おじさんが、もうちょっと行くと展望台があるよと教えてくれたので
みんなで歩いていきました。
15分くらい歩くと尾根の部分かな、開けた広場がありました。
展望台もあるし、トイレもあります。
夕方だったので、遠くの放牧地が夕日に染まってきれいでした。

散歩道
あんずいつもの通り、一番先をずんずん進みます。
が、時々ケモノ道に入ろうとします。

暗くなる前に夕飯の支度を始めたかったので、
もっと遊ぶー!と盛り上がっているあんずをなだめて帰ります。
ワンコ連れの人がきているのか、タヌキなのかわかりませんが、
あんずもカンスケもマーキングをよくしていました。
熊のウンチもありましたねー、でかいのが。

さっそく肉の下ごしらえしてたまチリが火の番をします。
あんずは草地の向こう側を警戒しているようです。
カンスケは反対側の森や道の奥の方。
時々唸ったり少し吠えたりしましたが、声をかけると落ち着きました。
いつまでも吠えるということがなかったので、ちょっとびっくり。

吠えても誰もいないので気にしないというか、
危ない時は吠えてくれというか・・・。
お仕事してるなぁというか・・・。

たまチリも時々おーい!なんて言ってました。
(翌朝におじさんが来る前、1台軽自動車が通り過ぎましたが、
それまでは誰もきませんでした)

ワンコたち、そのうち落ち着いたようで寝そべってます。
カンスケはせっかく敷いた敷物ではなく、草をホリホリして
ベッドを作ってでろーんと。
お前は何なんだ。

G1
おで、自分でお布団作りました。寝ます。

G2
最初は草の上でふせてましたが

G3
敷物の上でリラックスするあんず


夕飯は暗くなったので写真はありません・・・。
が、ワンコたち(とたまチリ)はバリバリとスペアリブに噛り付き、
私はふっくら柔らかい胸肉をメインに美味しく夕飯。
ご飯は炊かずにじゃが芋や人参、玉ねぎを焼いたのでお腹いっぱいです。

遠くで少し花火の音がして明るかったので花火大会があったのかな。
でもしばらくするとそれもなくなり本当に満天の星空でした。
あっちからこっちに天の川がずーっとあってねという感じです。
空が丸く感じられて、プラネタリウムです。

あまりにも静かで最初は自分自身の耳鳴りがうるさく感じました(泣)
慣れてくると周りの音が少しずつ聞こえます。
ふくろうの鳴き声もしました。
確かに野生動物の鳴き声もしましたが、とても落ち着けます。

3日間、三陸海岸を北上してきて、いろんなことを考えました。
テレビもラジオもなく、外界から遮断された自然の中では
人間は本当に弱く小さい生き物だなと思ったものです。
灯りがあって、犬がいて・・・。
自然に生かされているんだなぁと。

こんな所で隠居生活したいなぁとも思うんですが、
現実には人・社会との関わり無しで生きていくのは無理だし
人との出会いもあって、
その度に感謝したり学んだりちょっと凹んだり・・・。
時々こうして自然の中でいろんなこと考えながら
リフレッシュするのもいいのかなぁとか・・・。
退職して人との関わり方が変化しましたが、
うちには手のかかる甘ったれの坊主と
文句ったれの甘ったれ娘がいて
それなりに苦労もしたけど今はあんずもカンスケもいない生活は
全く考えられないし。

なんてことをゆっくり考えながら静かに過ごす・・・。
いいなぁ、こういう所。
という訳で熟睡でした。
(結局、熊が来ても気づかなかっただろうよ)

朝は・・・。
昨日行った展望台まで散歩。
あんずが大好きなピーピーなるおもちゃで遊びました。

遊ぶ1

遊ぶ2

展望台にも頑張って登りました(頑張ったのは私とカンスケだ)

自主的に登る

たまチリが展望台からの写真を撮ろうとした所で
バッテリー終了・・・。
遠くに放牧地が見えて、少し下の方に泊まったキャンプ場が見えます。
とてもきれいな景色です。
でも、今年は放牧していないそうで・・・。
変わっていないようで変わっているのか・・・。

ワンコたちはすっかりリラックスしたらしく、
昨日は最初2頭くっついて舐めあったりしていたのに
「こっちくんな!」とか「あたちの場所とるな!」とか
いつものけんかして、やめなさいと言われてます。
自分の声が響くのでやたらと話しているような気がします。

リラックス
草に埋もれてリラックスしてます。

朝ご飯は昨日の残りをもしゃもしゃと食べました。
残骸ですが載せます。
残骸
玉ねぎは超甘いです。
ニンジンもあったのに、たまチリが全滅させた・・・。

撤収の準備をしていると、昨日のおじさんがやってきました。
てっきり小屋で寝たのかと思ったらしく、
草地でテントを張って寝たというと驚いていました。
お礼を言って爆竹をお返しし、利用記録簿に記入して
挨拶してお別れしました。
(今度、仲間で宴会するんだって、楽しそうだなぁ)

今回あんずが一番吠えた時。
車の横にダッチオーブンの青い入れ物を置いたら、モーレツに吠えました。
周りの動物びっくりしただろうな。
カンスケは「あんずちゃん、何に吠えてるですか?」とびっくり。

<源兵衛平高原キャンプ場>
利用料無料。申請も必要なし。
燃料と水は持参しましょう。
(あと爆竹とまではいかなくても熊避けグッズも)

夏は若干草ボーボーです。
でも、ダニには刺されませんでした。
ハーブの虫除けスプレーしたからかもしれませんが、
あんずはフロントラインもずっとしていないのに
帰省の間、無事でした。

朝も結構冷えます。(標高1000mないくらいかな)
春・秋は草が少なくていいでしょうが、熊には注意でしょうね。
でも近くに木の切り出し場があるので意外とにぎやかかもしれません。
年間4,5組利用者があるそうです。(うちで4組目だった)

私は好きです。でもオススメはできるのかできないのか・・・。
あ、携帯は展望台まで行けば入るそうです。
もし、行きたい方がいたら、詳しい場所や様子をお伝えできますよ♪




【2012/08/23 10:50】 | 旅・お出かけ
トラックバック(0) |
2日目の朝
朝5時
うーむ、なんて清々しい。

海側のサイトもいいかもしれませんが、
こちらの山側のサイトもなかなかいいものですよ。
内陸から海の方へ雲海が流れていくのが見えました。
(写真だと左→右)
結構な速さで大きな河みたいです。

うぉーといいながら写真を撮っても迫力伝わらず。
たまチリのカメラはバッテリーがギリギリなのと、
若干霧が出ていて湿気が嫌で出してこないの。(ぶり)

雲海

朝5時くらいです。(熟睡すると勝手に早起きしてしまいます)
茨城とは違って、日中暑くても朝晩は温度が下がります。
まぁ、1枚長袖あれば十分と言うくらい。

あんずまだ眠い
まだ眠くてぼーっとしているあんず。

あくび写真
あくび1
あくび2
あくび3
あくび4
火でも吹きそうな顔

のんびり散歩してみようということで、
サイトの端っこの方から山の中に続く道を歩いていったら
あんずがいきなり狩りモードで飛びました。
何かと思ったら、立派なマムシ。
怪獣アンズラスが怖かったようでいそいそと逃げていきました。
まぁ、マムシくらいいるでしょうけど、噛まれたら大変なので
気をつけて歩きます。
何だかものすごくいい顔して散歩してましたが、
どんどん山奥に入っていくので途中で引き返してきました。

2日目なので、ワンコもキャンプ場でリラックスするようになって来ました。

夕飯の準備をしていると、寝てます。
カンスケ寝た2
ベンチの下の土の部分を少しだけ掘って寝てました。
帰りはちゃんと埋めました。
カンスケって外にいるとこういうことをよくします。

カンスケウヒヒ
ここでもウヒヒとヘソ天で甘える・・・

あんず寝た
あんずも寝てるのかな?起きてるの?と思ったら

あんず寝た2
ほんとに寝てました。


夕飯は七輪でワンコ用にラム肉を焼きました。
気仙沼のスーパーで買出ししましたが、お肉も安いねぇ。
種類も多いし。
気仙沼ホルモンというのが有名なのですが、今回は食べることができず。
次の機会にとっておきます。
(やっぱりホルモン! 爆)

キャンプ場は週末近いので、私たちが設営したサイトのゾーンにも2組、
お子さん連れの方とワンコ連れの方がいました。
あんずとカンスケも時々は吠えちゃいましたが、声をかけると落ち着きましたし、
子どもさんも親御さんもあまり気にしていないようで、
挨拶はするものの特にスルーして下さって助かりました。

遠くで雷の音がしたので、たまチリが備え付けのテーブルにある物を
撤収するぞといい、ほんとかいなと思いつつ撤収が終わったところで雨。
夕立のような雨でしたが、しばらくすると止みました。

この日は早めに寝ましたが、途中で霧雨が降ったようで
夜中にサーっとテントに当たっている音が聞こえました。
(テントの内側のテープが壊れたのでちょっと雨漏りしたけど大丈夫)

朝方4時頃でしょうか、聞いたことがない音がして目が覚めました。
(ターンターンというような声)
ワンコの声のような鳴き声も聞こえたので、
ワンコさんが吠えたのかなと思いましたが、
うちのワンコたちはそれほど騒がず・・・。
たまチリは、犬が群れで走っているのかなぁなんて言ってましたが
本当のところはわからず・・・。
退場の時に管理人さんに聞くと、
最近カモシカが多いからねぇとのこと。
もしかしたらカモシカかな?
大船渡辺りでよく見る鹿はもっと甲高かったしなぁ。
トラツグミだったのかな?
不思議な、ちょっと悲しい感じの鳴き声でした。
一晩中野生動物の声や草木を踏む音がしていたようです。
(って寝ていてよくわからないけど)

でも熊はあまりでないそうですよ。
麓の方で出たことがあるみたいです。

オリエンテーリング用の道も整備されていたので、
もっとゆっくりして山頂まで行ったり散策してもいいかなと思った
いいキャンプ場でした。

2日間、夜は寒いよと言われましたがあまり冷え込むこともなく、
ちょっと散歩すると暑くなるくらいで快適でした。

<室根 望洋平キャンプ場>
オートサイト利用料:1575円×2日間
入場料:大人525円×2人×2日
合計 5250円です。

トイレも簡易水洗だし、炊事場も広くて立派だし
コインシャワー室もあります。
車でちょっと行くと立派なお風呂もあって夜8時くらいまで使えます。
バンガローもありました。

虫はそれなりにいましたが、オニヤンマもたくさんいました。
オニヤンマがくると虫はあっという間にいなくなります。
蚊も少なかったです。
今回、タープと椅子を新たに買ったんですが、
その他に(楽したくて)着火一発!みたいな炭とかキャンプ用の洗剤とか
アルミのローテーブル、ランタンフックなんてものも買ってしまいました。
ランタンフックはいいですねぇ。
2つ買ったので他にも流用できそうですよ。
キャンプ用の洗剤もいい感じです。
アルミのローテーブルも折りたたみできるし安いし、
七輪の台や水タンクのとしても使えるし、これは買いでした。
そして着火一発!みたいな炭はすごい威力。
オガ備長炭に早く火が回るように使ったんですが、
火をつけたらボォォォォー!っと燃えてました。
たまチリ、「おぉ、すげぇ!」と叫んでました。
「昔の俺なら、ケッ!とか言うんだろうけどやっぱり便利だ!!」
だそうです。

と思っていたらテントが壊れました。
ワンコと一緒に寝たいので、クレートが入る大きいテント買おうか
なんて話していた時だったので、すねちゃったかな?と思いましたが、
もう10年以上使っているので寿命でしょう。
まだまだ荷物置き専用などには使えますしね。

あと必要なのは、
50cmくらいの長さのホースかな。
水をためたり、流したりする時にあればいいなと思いました。


追記を閉じる▲

【2012/08/22 11:31】 | 旅・お出かけ
トラックバック(0) |
約1年ぶりの帰省をしてきました。
今年は会社のお盆休みが長かったのと、代休がたまっていたので
思い切って長期休みにして帰省してきました。

何かと盛りだくさんなのでちょっと日にちは前後しますが、
まずはキャンプのことから・・・。

以前、福島県の飯館村のキャンプ場で1泊2日のキャンプをしました。
それ以来のキャンプです。

今回は何と3泊4日!
最初は気仙沼大島の休暇村で2泊、宮古で1泊しようと思っていたのですが
(ワンコOKだし、オートサイトもあるし)
やはり夏&お盆前ということでサイトがどんどん埋まっていき・・・
「ちょっと人が多すぎだなぁ、落ち着かなかったり吠え続けてもなぁ」
ということで、急遽変更して
一関市室根の望洋平キャンプ場で2泊することにしました。
(知らない間に市町村合併が進んでい市になっていた)

ここは岩手ですが、気仙沼市にも近いです。
車だと3,40分で行けるかな。
室根山の中腹にあります。
車が横付けできるオートサイトが3つくらいのゾーンに分かれて
全部で20~30くらいあります。

オートサイト
木のベンチがあるところがサイトです。
ここのゾーンで10くらいあるかな。
隣のサイトとは潅木で仕切られています。
よくわかりませんが、広い方みたいです。

海が見えるサイトは人気(にんき)があるようで、
私たちが到着する前にもう2張りテントが見えました。
うちはできるだけ人気(ひとけ 笑)のない所ということで
山側のゾーンのサイトに。
でもこちらも駐車スペースが舗装されていて立派です。
奥の端っこに陣取りさっそく設営。後は土手になっています。
結構急な坂なのですが、あんずは行き来して遊んでました。

カンスケは・・・
何かにスリスリしています。
またミミズの干物かなぁと思って
「カンスケ、何にスリスリしてるの?こっちにおいで」というと
ご機嫌で、トコトコときました。

が・・・。
顔に何か付いてる・・・。

「ぎゃー、これ何かのウンチだよー!!!」
「早く拭く物とバイオウィルクリア持ってこい!!」

カンスケウンチ顔

慌ててスリスリして黒くなった所をごしごし。
まったくもぅ。


あんずは・・・
散歩まだ?
散歩まだー!?

まったく、マイペースなやつらです。
ウンチの正体はタヌキ?

結局この日は夜にツーリングのお兄さん2人が離れた所に来ただけ。
ほぼ貸切でした。

たまチリがテントとタープを設営した後、探索がてら散歩しました。
勾配があるのでいい運動になりました。

この日の夜は気仙沼のお魚市場で買い込んだ、
ホタテ、カキ、サザエ、カツオのお刺身、ゲソのから揚げです。
七輪でチリチリ焼いて、ホタテとサザエにはしょうゆと日本酒たらして
アジアジウマウマ言いながら食べました。

ワンコはカリカリとサーモンムース。
朝も食べていないので完食です。

カツオ
で、気仙沼といえばカツオ、お刺身は適当に切ったら
なんかあまり美味しそうには見えませんが、やっぱり美味しいです。
ワンコもクレクレ言うのでおすそ分け。

物色
カンスケも匂いに釣られてノソノソ上がってきました。
珍しいです。

笑ってごまかす
「カンスケ、何か食べたいのがあったのかなぁ?」というと
ウヘヘヘヘと笑っております。
おニューの首輪はハワイアンです。

あんずリラックス
あたちはちゃんとフセして待ってるの。


暗くなると星がきれいに見えます。
近くには天文台もあるんですよ。
たまチリが夜の散歩に行った時に気仙沼市街の灯りとか漁火が見えたと
言ってました。

ここでカンスケがトコトコ歩いていって
夕方の見張り
土手の下の方をじっと見て見張っていました。
声をかければ戻ってくるんですが、いろんな音が気になるみたいです。
一度、久しぶりに唸っていたので、
タヌキか何かが近くまで来たんだと思います。

夜は早めに就寝。
青タラコ
今回も出ました。
このまま転がしてやろうかと思った。


やっぱり今回もタヌキが出るのかなぁと思っていたら・・・。
近くまでは来たようです。
きゅーという声も聞こえましたが、さすがに警戒したのか
テントの近くまでは来なかったようです。
ワンコたちも車でというかクレートにいると安心するのか
すぐに寝たようです。
でも暗くなってから一晩中、カサカサパキパキと
いろんな音がしていました。

2日目に続く・・・




【2012/08/21 18:09】 | 旅・お出かけ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。