柴犬のカンスケとあんず、たまとたまチリの暮らしを紹介します(一時期グリ日記)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


たまチリがインドに出発する直前に始めたのでかれこれ4ヶ月。
今では「やるぞ~やるぞ~」という気負いもなく生活の中で
普通に組み込まれてきました。

で、続けてきての変化を少しまとめておこうと思います。
まず4つの項目ですが

1.再会の時、落ち着くまで構わない
2.危険を知らせてくれた時の対処
3.散歩の時
4.食事の時 でした。


1.再会の時、落ち着くまで構わない

私の場合は最初からあまり「嬉しい!」と言ってまとわりついて
くることは顕著ではなかったような気がします。
(かまってよ、ハァハァという興奮はすぐになくなったし、
帰ってきた!わーい!と飛びついたのはたまチリがインドから
帰ってきた日だけ あとは匂いチェックですね 笑)

で、普段たまチリが帰宅した時ですが、帰ってきたことには
とても敏感です。
(犬らしく?)車のエンジン音を聞き分けて寝ていても
体を起こして様子を伺っています。
でもそんなに興奮することもなく、飛びつくわけでもなく、
かまってよ、ハァハァという興奮もしなくなりました。

甘える時は体をくっつけて寝たり、私達の足の間に鼻先だけ
突っ込んだり・・・。
お風呂上りのたまチリの腿にアゴを乗っけて気持ちよさげに
しています。
あんずは前足でチョイチョイしてからくっつけてくることが
多いです。
たまに朝におでこをベシっとされることはあります。
(たまチリのデコは舐めるのに私のデコにはチョップして、
ギーって引っかく・・・)
そういえば夜寝る時に2階にあがってこれるようにしていても
上がってくるのは朝になりました。
5時くらいに上がってきて(多分)、しらばく一緒に寝て、
みんな起きると降りていく感じです。


2.危険を知らせてくれた時の対処

カンスケはよほどでないと警戒吠えをしませんので、吠えた時は
本当に庭に人が入り込んだとか私もちょっとドキっとする瞬間。
ある日、裏に人が来た時は吠えましたがすぐに落ち着きました。
(信州味噌を売っている人、いらないよー 笑)

問題はあんずだとずーっと思っていました。
まぁ気長に取り組むかと思っていたのですが・・・。
ある夜(出張前日で早めに寝たのですが)、
11時頃かなぁ、外でドンドン!と音が聞こえました。
早速あんずは「ワンワン!わぉーん!」と警戒しています。
たまチリが「変な音だな、見てくる」といい外の様子をちらっと
見てきました。
私はたまチリが居間に行ってから2階から降りてきたのですが
あんずはもう落ち着いていました。
(まだウォフ、ウォフと少し警戒していましたがそれもすぐに
落ち着いて・・・)

そこでたまチリが一言
「あんずさぁ、吠えることあっても落ち着くのが早くなったし
何より戸を開けても俺達よりも前に行って吠えようと
しなくなったよね」と。
私は今まで気が付いていませんでした。

たまチリがいて見に行って「大丈夫だぞ」と言った方が実は
落ち着くのが早いんではないだろうかと思います。
「いざという時にはおっとうの方が強そうだ」と思ったのかも
しれません(笑)←実際そうだし

ちなみにカンスケは戸の所まで来ていましたが立っていただけで
吠えませんでした。
少しずつあんずもわかってきてくれているのかなとも思います。

※先日、夜散歩していて知らない人に携帯を貸してくれと言われ
追いかけられたり(結局大丈夫でした。事件性なし)
夜中に誰かが郵便受けを押したりして(コレは結構怖い)
物凄い警戒状態になった後はしばらく暗闇に吠えたりしてました。
カンスケもじーっと見て動かなかったり・・・。
徐々に平穏状態に戻ってきて今では大丈夫です。
落ち着くまで2,3日かかりましたけどね。
できれば遭遇したくない事例です。
私だけの夜は散歩も8時半くらいにはすませます。


3.散歩の時

これも飛び出したりせずに待ってくれます。
庭の方へ開く扉なので、フェンスを開ける時に「開けるよ」と
声をかけるようにしていますが、開けるよというとカンスケは
下がるようになりました。
逆に庭から出て行く時も「下がって」で下がります。
(フェンスを手前に引かないと出られないから)
あんずはどちらかというと横に避ける感じかな。

で、私が出て「行くよ」と声をかけ、2頭が出たら「待って」
と声をかけています。
(フェンスを閉めないといけないから)
「待って」の間はあんずはその辺の匂い嗅ぎしたりします(笑)
最初の頃はフェンスの隙間からぐいぐいと出たり、出た瞬間に
思いっきり走り出していたり結構大変でした。

散歩もただ歩くだけでなく時々トレーニングをしたり、
公園に行ってみたり・・・。
そういう散歩の後は落ち着いて寝ているように思えます。
このへんはよくわからないのですが、トレーニングとのんびりと
織り交ぜた方がいいのかなと・・・。
公園だと普段嗅がないワンコの匂いでワクワクドキドキみたい
ですね。
あんずがシッコするのも早いし回数も多いです。
夕方の散歩はだいたい1時間半で定着してきました。
あんずとカンスケがどうしても行きたい方があればそっちに
行きますが、お気に入りの通りたい場所、道があるみたいです。
そこを通ってしまえば、交差点でも「おっかあ、どうする?」と
顔を見上げてくることもあります。
好き勝手に歩かせても1時間半くらいで終わる感じです。
あとは「右に行くよ」・「左だよ」でそっちの方へ行きますが、
「右」・「左」・「まっすぐ」はわかっているようです。
右だよで右に行った時には「そうだね!」とか舌べらクリッカー
もどき(笑)で正解!を伝えてちょっとゲームみたいにする
こともあります。
絶対にこっちなの!ではなくあくまでもゲーム感覚で。
あんずもカンスケも
「両手を握ってどっちにおやつが入っているかゲーム」は
大好きなので、同じような感覚でできればいいかななんて。

車が来た時は私が下がりながら「こっちにおいで」と言えば
寄ってくるのでだいぶ楽になりました。
カンスケはその後座ってくれるので車に飛び出して行くことも
だいぶ少なくなりました。
(爆音暴走族はダメだけど。その時はホールドラッピングです)
あんずは飛び出さない代わりに車が来ても結構ヘラヘラしてます。

舌べらクリッカーが使えると普段両手が塞がっている私には
とても便利です。
でもなかなかできないんだよなぁ・・・。
たまチリに言ったら、即「ムリ」でした。
たまチリ、アフリカにいる時にタクシーを呼ぶ時の音
(ちょっと口をすぼめてツッ!ツッ!という音を出す)のは
得意です(笑)
このツッ!ツッ!は混雑している所でもさーっとタクシーが
止まってくれるそうですよ。
インドでも使うそうですが今はあまりやっちゃいかんそうです。


4.食餌の時

一応、何か食べてからあげるようにはしています。
「塩辛」とかだったりすることもあります(笑)

で、最近なんですが、カンスケはご飯が大好きで早く食べたい
のですが、私が何か食べている時でも寄ってくることはしなく
なりました。
座って目を反らしてじっと待っているように見えます。
近くに来た時に叱ったことは一切ないです。
無視しただけですがカンスケには伝わり(伝わりすぎ?)
「おっかあが食べたらおでの番・・・おっかあが・・・」と
心の中でブツブツ念じているかのように見えます。

たまにお互いが「何かいいもの貰っているんではなかろうか?」
と気にして自分のご飯を食べずに吠えたり見に行ったりする時は
取り上げちゃいます。

少しずつ何か食べてからというのをしない時も増やしています。
食べていた時と食べない時の反応の差はないです。
ただ、またあんずのご飯を気にして近寄ることが出てきたので
そういう時はインターセプトします。
たまチリがいる時は二人でインターセプトしたりもします。
これは効果てきめんです。
(他のワンコに対して行こうとする時も)
カンスケはしばらくすると諦めます。
問題はたまチリがガニマタで足の隙間から向こうが超丸見えな
ことです。(隙間10cm)
しかもその隙間にカンスケの顔がピッタリはまるんだな・・・。
「もうちょっと閉じられない?」というと、スキーの格好の様な
足の曲げ方をしていました・・・。(アホ)


それと、たまチリに対する噛みですが、出ていません。
が、最近2頭とも甘えん坊になりました。
昼はそれぞれ寝ていたり外で遊んだりしています。
あんずとボール遊びしていてもカンスケはあまり怒ったり
しなくなりました。
ですが、夜になるとどっちがそばにいるかで若干モメます。

カンスケがあんずを睨んでずいずいと行こうとしたら止めます。
あんずは睨むことはないですが吠えたりして止められることが
あります。
これもインターセプトだったり、ヤメ!だったり。
でも石像インターセプトが一番効果的なような気がします。
座布団ですが、座ったり座らなかったり、座る位置もまちまちで
ワンコたちも私も適当です(笑)
まぁまぁ、落ち着いているのでいいのではないかな?と思います。

ただ、石像インターセプトを使えばもう大丈夫!ではなく、
石像インターセプトを使わなくても落ち着いていられるような
環境を作ってあげないとなぁというのは考えます。
環境と言うか、私達の態度かな。
カンスケのアタマの中で面白くないとか興奮のメーターが
きゅいーんと上がる前に上がらないようにした方がいいのかな
と考えたりします。
徐々にカンスケ自身が学んでわかってくるのかもしれませんが、
私達がわざわざあおるような状況にはしないようにしています。
なので、夜は特にだらだらと構うことはせず、落ち着いている
のなら放っておきます。

でも夜はずっと仲が悪いのかと思えばそうでもなく、
お互い舐めあいして仲良くしている時もありますよ。
特にあんずはカンスケを気にしてアタマを下げながら口周りを
舐めにいくのをよく見ます。
カンスケの虫の居所が悪くてムキっとしたりすると、あんずは
プレイバウしたりしますが、それでもだめだと怒ります(笑)
舐めあいになって落ち着くとプロレスになったり・・・。
結局騒がしいのは変わらないか(笑)
カンスケがあんずにも甘えると「仕方ないわねぇ」とあんずも
舐めてあげたりしています。
お互いプロレスしないよの時は1回だけ「ガウ!」とするので
そういう時は黙って見守ります。

何だかまた、たまチリが出張になりそうな気配ですが、
まずはこんな感じでのんびりと過ごしたいと思います。
アミシアンボンディグの中間まとめのつもりがいつの間にか
日々の様子を語っているだけになってしまいました。

長々と書きましたが、ここまで読んで頂き
ありがとうございました。


【2010/12/03 08:55】 | 日々の取り組み・・・
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。