柴犬のカンスケとあんず、たまとたまチリの暮らしを紹介します(一時期グリ日記)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまチリがインドへ旅立って10日以上たちました。
毎日、カレンダーに×印をつけて指折り数えて帰国を
待っています。というのは大嘘です(笑)


今回は自炊ということが大きいのか、届くメールにも
若干余裕が感じられます。
やはり動物は食べることが基本なんだなあと、思います。

今回はたまチリから送られてきた写真をご紹介します。
以前にも話題にあがった半野良犬
(時々お仕事するからパートタイム犬?自由犬?)の家族です。
お父さん犬はやはり愛する家族のために食べ物を探しに
出かけているようでいつもいる訳ではないようです。
(出張か…)

お父さん犬はとてもフレンドリーだそうで先日はなんと
たまチリにおちょうだいをしたそうです。
たまチリは思わず
「おー、お前おちょうだいするのか」と言ってしまったそうな。
(すぐに覚えそう)

この辺のインドの方はいわゆるドッグフレンドリーな方で
(ん?どっかで聞いたぞ 笑)
宗教で殺生禁止というのもあるみたいですが、
こうしておちょうだいをされたりするとやはり嬉しいらしく(笑)
「ビスケットあったろう、あげたれ」とみんなで
渡していたりしていたそうです。

たまチリはついにお父さんの様子に引き寄せられて
近寄ってきた仔犬(と言ってももう4ヶ月くらいになりますが)
とお母さんにもおやつをあげることができたそうですよ。

お父さん、オスワリはしないけどおちょうだいをするあたり
素直でかわいなあって思っちゃいます。
(↑教えていないからオスワリはしないけど、
素直にちょうだい!って抱きついてくるのがという意味で)

お父さんと息子1
ヨダレかと思ったら模様でした(笑)
お父さん、さすがに顔が濃いような気がする(爆)


お父さんと息子2
仔犬はもう大きくなってきたけどまだお父さんに甘えてます。
もう少しは一緒にいるのかな?


お父さんと息子3

無事に育っているようで安心です。
他の仔犬たちのことも聞いてみます。

お母さんにはちょっと邪険にされても子どもたちと遊んであげて、
家族のためにご飯を探しに行って時々いなくなるなんて
まるで我が家のようだと思いました(爆)

あ、ちなみに日本人でなつくのはたまチリともう一人の人だけ
だそうです。
もう一人の人は別に犬好きという訳でもなく、
じっと見たりすることもあるようで、ちょっと不思議です。
ワンコなりに何か判断基準があると思いますが・・・。
(見かけとかニオイとか・・・?爆)

【2011/01/25 20:56】 | たまチリのひとり言「俺と○○」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。