柴犬のカンスケとあんず、たまとたまチリの暮らしを紹介します(一時期グリ日記)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 12月17日
 紀州犬タロー(15歳4ヶ月)がタローの主さんに見守られて暖かい腕の中で息をひきとりました。
 
 タローの調子があまりよくないことは主さんから伺っていました。
 主さんと一緒に穏やかにお正月を迎えられればいいなぁと思っていたのですが・・・。

 タローの最期の様子は主さんのブログ:【紀州犬】犬と歩けば棒にあたる!【一期一会】をどうぞご覧になってください。
 最後まで溢れる愛情をタローに注ぎ、タローと一緒の時間を過ごすことに最高の幸せを感じていた主さんのお気持ちが伝わってくると思います。

 そして私たちは、タローのおかげで今こうしてあんずもカンスケもたくさんの犬と関わることができること、飼い主である私たちもたくさんの出会いを経験できたことを感謝しなければと思っています。


 タロー、今まで本当にありがとう。
 カンスケが痛い思いをさせて本当にごめんね。
 あんずがタローにプレイバウした時の困った顔がちょっとかわいかったです。
 脚を痛めていても、いつも凛として日本犬らしさを失うことはありませんでしたね。
 これからも虹の橋から見守っていてくださいね。
 
  たま たまチリ あんず カンスケより。 


 タロー3

 おこげが参加した時のお散歩会のタロー。

 
 はなちゃんとタロー
  
 北海道犬「花」ちゃんとタローとタローの主さん。

 
 
 

【2009/12/18 23:38】 | つくば お散歩会
トラックバック(0) |

タローの主さんへ
たま
 (もう会えないことはとても寂しいのですが)タローには感謝の気持ちがわいてくるばかりです。
 タローと主さんが出会い、そのお陰で私たちも、ぽちも出会うことができた、こんな幸せなめぐりあいに感謝してこれからも犬との生活を大事にしていきたいと思いました。

 本当にタローって、犬ってすばらしいですね。
 

こちらこそ ありがとう。
タローの主
こうしてお別れを偲ぶ記事を書いて頂き、タローは光栄です。
僕とたまさんやぽちんちのママさんがこうして輪を広げてこれたのも、本当に幸運な巡り合わせですよね。

出会いに感謝♪ タローありがとう!
そして、カンスケ、あんず、ぽち、みんなありがとう!
犬がもたらす縁は素晴らしく、それを活かす仲間も素晴らしいと思います。

ぽちんちのママさんへ
たま
 本当に、タローがいたからタローが主さんの所へやってきたから、
今があるのだなぁと思い感謝しています。
 もうタローに会えないのはとても寂しいのですが、散歩の時にふと空を見上げると
真っ白い雲があったりして、これからはいつも見守ってくれているのではないかと思ってしまいます。
 私たちはこういう出会いと機会を大事にしてあんずとカンスケを大切に育てたいと思いました。


ぽちんちのママ
昨日タロー急逝のお知らせで、私もたまさんのようにタローありがとうの記事を書きたいと思っていたのです。が、あいにく私はタローと実際に会っていないので、どうかなあと思っていました。 この記事を書いて下さってありがとうございます。

寡黙なタロー、最後まで自力で立って凛とした姿を主さんに見せてありがとうを言って逝ったんですね。場所も時間も選んで。凄いですね。

私はご愁傷さまとかの定文が嫌いなので、自分の言葉で表そうとすると、難しいものがありますし、主さんのお気持ちを察すると痛くて言葉にならないというのが本当のところでした。

犬は誰のもとへ行くか(あるいは誰のもとへもいけないか。。。)知らずに、また、選んで生まれてきたわけではないので、私たち飼い主が選んだ以上、誠意を持って大事に命を育てていく必要があります。
その為に学習しておくこと、知っていた方がいいことがあるのですが、それらを主さんはブログで見せて下さっています。
そして、それはタローなしでは出来なかったと思います。

私もタローが筏で太平洋横断して、ポチとバンクーバーでおち会うのを夢みていました。^^; 


主さんはタローと呼び捨てにしてとおっしゃいます。私もそれには大いに賛成です。

タロー、ありがとう。
(たまさんご一家に便乗させてね。)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
タローの主さんへ
 (もう会えないことはとても寂しいのですが)タローには感謝の気持ちがわいてくるばかりです。
 タローと主さんが出会い、そのお陰で私たちも、ぽちも出会うことができた、こんな幸せなめぐりあいに感謝してこれからも犬との生活を大事にしていきたいと思いました。

 本当にタローって、犬ってすばらしいですね。
 
2009/12/24(Thu) 14:12 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
こちらこそ ありがとう。
こうしてお別れを偲ぶ記事を書いて頂き、タローは光栄です。
僕とたまさんやぽちんちのママさんがこうして輪を広げてこれたのも、本当に幸運な巡り合わせですよね。

出会いに感謝♪ タローありがとう!
そして、カンスケ、あんず、ぽち、みんなありがとう!
犬がもたらす縁は素晴らしく、それを活かす仲間も素晴らしいと思います。
2009/12/24(Thu) 14:00 | URL  | タローの主 #NkOZRVVI[ 編集]
ぽちんちのママさんへ
 本当に、タローがいたからタローが主さんの所へやってきたから、
今があるのだなぁと思い感謝しています。
 もうタローに会えないのはとても寂しいのですが、散歩の時にふと空を見上げると
真っ白い雲があったりして、これからはいつも見守ってくれているのではないかと思ってしまいます。
 私たちはこういう出会いと機会を大事にしてあんずとカンスケを大切に育てたいと思いました。
2009/12/21(Mon) 08:35 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
昨日タロー急逝のお知らせで、私もたまさんのようにタローありがとうの記事を書きたいと思っていたのです。が、あいにく私はタローと実際に会っていないので、どうかなあと思っていました。 この記事を書いて下さってありがとうございます。

寡黙なタロー、最後まで自力で立って凛とした姿を主さんに見せてありがとうを言って逝ったんですね。場所も時間も選んで。凄いですね。

私はご愁傷さまとかの定文が嫌いなので、自分の言葉で表そうとすると、難しいものがありますし、主さんのお気持ちを察すると痛くて言葉にならないというのが本当のところでした。

犬は誰のもとへ行くか(あるいは誰のもとへもいけないか。。。)知らずに、また、選んで生まれてきたわけではないので、私たち飼い主が選んだ以上、誠意を持って大事に命を育てていく必要があります。
その為に学習しておくこと、知っていた方がいいことがあるのですが、それらを主さんはブログで見せて下さっています。
そして、それはタローなしでは出来なかったと思います。

私もタローが筏で太平洋横断して、ポチとバンクーバーでおち会うのを夢みていました。^^; 


主さんはタローと呼び捨てにしてとおっしゃいます。私もそれには大いに賛成です。

タロー、ありがとう。
(たまさんご一家に便乗させてね。)
2009/12/19(Sat) 01:21 | URL  | ぽちんちのママ #i71gHzAs[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。