柴犬のカンスケとあんず、たまとたまチリの暮らしを紹介します(一時期グリ日記)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの大震災から1年5ヶ月たって、やっと見に行くことができました。
去年はどうしても行けなかった・・・。
でも見ておかないと、と思うようになりました。

実際にこの目で見て、改めて自身と津波の恐ろしさを感じました。
うまく表現できずもどかしいのですが、記録として残しておきたいと思います。


<南三陸町~気仙沼>

気仙沼に行く途中、伊豆沼に立ち寄るとハス祭りが開催されていました。

ハスまつり会場


船に乗って、ハスの花の間を遊覧できるそうです。
ワンコも抱っこして乗ることができますよと言われましたが、
日差しが強くなってきたので今回は遠慮しました。

一面のハス

ハスが広い沼一面に咲いていて、本当にきれいです。
お盆だったせいか何となく不思議な感覚になりました。

カキ氷を食べて次の目的地、南三陸町へ向かいました。
あんずキョロキョロ


南三陸町志津川地区にある、南三陸さんさん商店街へ向かいます。

内陸から海の方へ走っていくと、
山が道路の両脇に迫っていて、道路の脇の杉が枯れています。
何だろう?と思っていたら、津波が来て塩を被ったせいだと
やっと理解できました。
まさかこんな所にまで津波が・・・。


復興商店街に着いたのは11時頃でした。
ちょうどお店が開く頃です。
たくさんの人がいて、元気のいい声でお客さんを呼び込んでいます。

南三陸町ではキラキラ丼と名づけられた丼がいろんなお店で
食べることができます。
今の季節はキラキラウニ丼です。
お値段は1800円~となっています。
今回は松原食堂さんにて食べました。

ウニ丼
ものすごい生ウニです。甘くて、とろけました。
採れたてそのままなので、みょうばんの苦味は全くしません。

南三陸の特産、生タコのお刺身もついています。
お味噌汁に入っているフノリやワカメもとても美味しいです。
松原食堂さんのキラキラウニ丼


皆さんここまでさぞ頑張っていらしたんだろうと思いながら食べていると、
お店の方が「美味しいですか?」と声をかけてくれました。
何だか胸が詰まってしまって、美味しいですとしか答えられず、
会計を済ませて出ようとする時にも
ありがとうございました!と笑顔で挨拶してもらっても、
また胸が詰まってただ「ごちそうさまでした」と
頭を下げることしかできませんでした。

商店街の中を見て、Tシャツ(タコのかわいいの)を買い
ふとまわりに目を向けると、
真後ろの建物は合同庁舎でしょうか、
その被害の大きさに改めて津波の恐ろしさを感じました。

本当にあんな高さの所まで波が来たのかと、
見上げるために首を曲げていて、これが現実なんだと思い知らされました。

その後、海の方へ走るとすぐに防災庁舎が見えました。
たくさんのお花や折鶴がありました。

そのまま、海沿いを気仙沼へ向かいました。
最初に立ち寄ったのが眼鏡やさん。
前日にフレームを曲げてしまいました。
ささっとすばやく直してくれて、いつでも来て下さいねなんて言われて
もう、ほんとにありがとうございました。

その後、1階まで津波がきた後、復活した「お魚いちば」で
今晩の食材をお買い物。

気仙沼は何度も来ていますが、あまりの変わりように言葉もなく。
でもお魚いちばは震災前のように活気があり、
新鮮な魚介類やおみやげもたくさんあります。
お魚いちばの近くには復興商店街もありますよ。
カツオの生利節も以前の大きさで売っていました。
もう嬉しくってねぇ。


<陸前高田~碁石海岸~気仙沼>

2日目は望洋平から陸前高田市内に降りて、大船渡まで行き、
また45号線を南下して気仙沼から帰ってくる予定です。
あまり日程的に無理したくないのと、
陸前高田で1本だけ残った高田松原の松の木を見たくて・・・。

たまチリのリクエストで今日の夕飯は肉だそうで、野菜も途中で買おうと
陸前高田の「採れたてランド」に立ち寄りました。
野菜は安いし新鮮そのものです。
近くに仮設住宅があるので買い物に来ている方もいらっしゃるようです。
お盆なので果物やお花もたくさんありました。

高田松原の松は本当に1本だけ。
以前、野外活動センターに泊まった事がありますが、
おそらくその近くかと思います。
近くまで車では行くことができず、少し通り過ぎて海の方へ行く道に入り
広くなったところで停めて見ました。
海側から見ることができたのですが、何とも言えず・・・。
他に見ている人も何も言わずじーっと見ていました。

海は穏やかで青くて昔のような海だけど、
街も変わり道路も壊れ、残った建物はひどく壊れ・・・。
以前はたくさん家が建っていましたが、家があったという痕跡だけで・・・。
あれから1年5ヶ月経ち、家があったであろう所には草が生えています。
鉄道も線路すらない所もあり、そのままです。
辛いです。

大船渡の碁石海岸はレストハウスはそのままで営業していました。
たくさん人がいて、ワンコを降ろせなかったので
そのまま引き返してきましたが、途中の道路は陥没したり壊れています。
地盤が低くなったとは聞いていましたが、
本当にすぐ近くまで海が迫っていました。
道路は今工事がたくさん行われています。

気仙沼に戻り、たまチリの会社の支店があった所を通りましたが
まったく跡形もなく、再開した会社の位置関係でこの辺りだろうと
見当をつけるだけでした。
それでも所々に新しい冷凍庫や倉庫ができていました。
気仙沼も地盤沈下が酷く、盛り土をして懸命に道路を直しています。

【2012/08/31 14:24】 | 旅・お出かけ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。