柴犬のカンスケとあんず、たまとたまチリの暮らしを紹介します(一時期グリ日記)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あんずはここ2,3年、9月中旬になると必ず結膜炎や皮膚炎になります。
ヘタすると診察日が去年と一緒だったりするくらい・・・。

今年は何がなんでも・・・と思って8月下旬からいつもの低刺激シャンプー
から薬用シャンプーに一時的に変えて、
埃を流すためにと時々目薬して・・・と対策は取っていました。
が、やっぱり今年もなりました。

目がちょっと赤いくらいで目やにも少しだけなので消炎剤の目薬で
まずは様子を見ましょうとなったのが先週の木曜日。
それから週末まではちょっと目やにが多いかなくらいでした。

が、日曜日みんなでちょっとお出かけして帰ってきたら
目やにがすごいー。
しかも鼻の下が赤くなってるー。
で、なんでか知らないけど右目の下が腫れてるー!!!
とかなりびっくりしました。
あんず自身は元気で食欲もあります。
出かけた先でヘビを見つけて飛びかかったんですが
「おしまい」で止められておしまい。
噛まれた様子もないので何かにかぶれたかなぁなんて思っていました。

心配なので夜は時々起きて様子を見ていました。
朝起きてみると少し腫れが引いています。
鼻の下もそんなに赤くないです。
もし歯が原因だったらなぁと思い、休診日だったんですが
いつもお世話になっている歯医者さんに電話だけして相談しました。
「腫れが酷くなるようなら他の病院に行って診てもらって下さいね」と
言われとりあえず様子をと思ったら午後からまた腫れてきて・・・。

心配になったので(カンスケの好きな先生がいるデレデレ)病院へ。
診察ギリギリでしたが間に合いました。

右目の下が腫れた
14日、病院に連絡した時に「写真を撮っておいて下さい」と
言われました。
結局これより腫れちゃったので見せなかったけど。


診察の結果、
・目やには消炎剤だけでは治らないくらい酷くなっているので抗菌剤の
目薬もあわせてさして下さい。
・鼻の下の赤いのはかぶれたんでしょう。
・右目の下、頬の腫れはおそらく内部からの炎症で
歯が原因じゃないかとのこと。

歯ですかー。またですかー。
と思いましたが、歯の方はこういう状態だとレントゲンを撮って
歯科治療の専門のでうちがお世話になっている病院に
次の日必ず受診するということで抗生物質だけもらってきました。
歯の細菌による腫れにステロイドを使うと劇的に悪化する場合が
あるのでステロイドは出しません。
明日受診して必要なら薬の変更をして貰ってだ下さいねとのことでした。

実際、おそらくこの歯だろうという歯を触ってもぐらついていないし、
歯周ポケットの深さも異常はなかったし、口臭もなくて
はっきりわからなかったのですが・・・

とりあえずそういうことで、この日も「付添」という名目で
診察室の椅子にたまチリに抱っこされてうとうとしていたカンスケは
最後に大好きなしぇんせいに
「カンちゃん、ちょっとぽっちゃりして毛並みもよくなったわねぇ」と
ニギニギ握手され「でへへへ、そうですかぁ?」とヨダレをたらして
(すみませんー、ヨダレがーと)帰ってきました。
(抱っこされて手をニギニギされても怒らないんだよな、この先生だと)
ちなみに、この先生、カンスケの場合だと「太ったな」が
「ちょっとぽっちゃり」というあくまでも前向きな評価をしてくれます(笑)
あんずの場合だと「前はもうちょっとコンパクトだったわよね?」と
なかなかおつな表現します(笑)

カンスケ満腹で寝る
野菜もたくさんのごはんでかなり満腹だったので
寝顔もやけに穏やかに見えるカンスケ(笑)


で、問題だったのが今日の歯医者さん。
かくかくしかじかと事情を話し、レントゲンを撮るのが
一番はっきりするということで今回は先生2人でレントゲン撮影。
「いやー!!!」という声はしなかったのでまずはよかったけど
殆ど抱っこで過ごしました。

結果はなんと「根尖膿瘍」。
以前治療した歯の隙間からバイキンが入ったのか、
割れているのかわかりませんが歯の根っこの部分だけ炎症を起こして、
根っこに沿って膿がたまっていました。
他の歯は(奥歯ははっきりわかりませんが)問題ないとのことです。
目の下に膿がたまって皮膚を破って出てくることもあるとのことで
根治治療は抜歯だそうです。
躊躇していたら膿が出てきそうだし、
歯を残すと再発もあるとのことですので
手術して抜歯することにしました。

歯磨きがちゃんとできていなかったんでしょうか?と聞くと
あんずの場合、歯周病や歯槽膿漏に罹って
口の中全体に細菌がある状態ではなく歯の根っこの一部分だけで
なにが原因かは(まだ)わかりません。
歯磨きしていても突然目の下から膿が出るコもいますよとのことでした。
腫れてから受診するまで時間が経っていないので、
早く治せば他の歯に影響を与えることはないでしょうと。

という訳で一番早く処置できる19日に行ってきます。

抗生物質は昨日もらった抗生物質と同じのを18日の夜まで服用。
結膜炎は消炎剤と抗菌剤とどちらも続けます。
鼻の下の赤いのと手足をちょっと痒がっているのは
抗ヒスタミン剤の服用で手術前日の夜まで続けます。
鼻の下、昨日の夜畳でこすってハゲちゃいましてピンクと黒のまだらで
「あんずちゃんの鼻の下、黒かったですよね」と言われちゃうくらいです。

帰ってきて早速抗ヒスタミン剤を飲ませました。
薬の眠気も少しあるようですが、かゆみが引いたのかよく寝ています。
疲れていたんだろうな。
先生には、昨日一昨日と疲れていそうだったので
薬用シャンプーはしませんでしたと伝えましたが、
それでよかったようです。

19日に麻酔をかけた後にもう一度詳細なレントゲンを撮れば
他の歯の状態もわかるので、あとはもう先生に任せるしかないです。

たまチリに「ほっっぺたの毛は剃るんですか?」と聞いてくれと
言われたので聞きましたが、
剃らないそうです(笑)←あくまでも毛が気になる(薄毛の)人。

でも、19日までに頬から膿や血が出ることがあるかもしれないので、
慌てずに湿らせた脱脂綿などで拭いて、乾燥させて下さい、
不安な時はいつでも電話くださいと言われました。
あんずが掻かないようにしたり、鼻をゴリゴリこすったりもしないように。
人間も触らずにそっとしておいてくださいだそうです。

原因はよくわからないけど、まぁ早く見つけたということで
早く治してしまいたいです。
あんずがまた病院で「やだー!出してー!帰るー!」と
泣くかもしれませんが(私も切ないけど)
おっかあも頑張るからあんずも頑張ろうね。

【2014/09/16 17:19】 | 健康
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。