柴犬のカンスケとあんず、たまとたまチリの暮らしを紹介します(一時期グリ日記)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 ※遅くなりました。風邪気味で目がショボショボしていました。
  今回はたまチリが撮った写真も結構まともで(おっと失礼)写真もたくさん載せたいと
 思います。

・・・・・

 1月23日

 今年初めてのつくばお散歩会は記念すべき10回目にして16頭の参加でした。

 メンバーは

・タローの主さんと編集長代理の白い犬の人(爆) 
 【紀州犬】犬と歩けば棒にあたる!【一期一会】
・柴犬 コタロー(♂)&まきママさん コタロー日記-柴犬と一緒 ▽・エ・▽
・柴犬 ごろー (♂)&ごろごろ太さんと娘さん 柴犬「ごろー」と暮らすよ。
・黒柴犬 凛(♀)&凛ママさん
・柴犬 カンスケ(♂)と(胡麻柴みたいだけど)柴犬 あんず(♀)&たまとたまチリ
    
・紀州犬 レオ(♂)&野郎さん 放浪記
・紀州犬 キシュウ(♂)&kishuKeiさん 飼い主のKeiさんは2回目。
 キシュウ君は初参加。 キシュウアルバム
・紀州系雑種 大吉(♂)&大吉母さん 山梨より初参加。

・雑種犬 ぱとら(♂)&ネロさん ネロくんのブログ
・雑種犬 ももじ(♀)&蓮音さん
・雑種犬 ボン(♂)&おおやまさん 東京より初参加。

・W・コーギー もも(♀)&こぎママさん ももとお散歩
・W・コーギー きらり(♀)・W・コーギー さらさ(♀)&きさ母さん

・ゴールデン・R すみれ(♀)&すみれの親父さん、彼女さん すみれと行く!
・ゴールデン・R 空(♂)&空ママさん コタロー君とお友達、初参加。

 以上、16頭(♂9頭、♀7頭)の参加です。
 (タローの主さん、事前に参加リストをありがとうございました)

 
 我が家はもも姉さんとこぎママさんを送り迎えの役目。
 守谷駅まで来ていただき高崎自然の森に向かいました。
 着いてみたらもう皆さん集合していて、散歩に来ていたコーギーの方も混ざっていて
何だかよくわからない状態(笑)
 カンスケはあさっての方向に歩き出すわ、あんずは落ち着かないわでした。
 タローの主さんのブログで友情出演しているルビーを見かけましたが、実は我が家は
もう何度もルビーご一家のことをここ高崎自然の森でお見かけしています。
 初めて我が家だけで来た時も広場でのんびりとお昼寝されていました。
 ルビーも飼い主さんもゆったりとしていて、「あーあっちの匂い嗅ぐのー!!」とか
「お、おでプロレスしたいです」とか落ち着きのない我が家とはまったく正反対(笑)
 いつかあんな風に外でものんびりと一緒に過ごすようになればいいなぁなんて思って
いました。

 キシュウとkeiさん まったり
 集合場所にて。キシュウくんとKeiさん。今回はキシュウくんも一緒に参加です。
 keiさん、今度ほんとにカラバッシュ行っちゃいます??


 犬がいっぱいいて警戒警報発令中のカンスケ
 「おでの知らない犬が~、おっきい犬が~たくさんいる~、どうしよう、怖いなぁ…」


 自己紹介して、カンスケは一番最後から行きますということで、あんずのリードを
たまチリに預けちょっとトイレへ行って戻ってくるともう出発してました。
 出張帰りでボヘボヘだというたまチリがカンスケのリードを持ってゆっくりと
最後から追いかけました。

 私はあんずと一緒に歩いていくと、みんなウンチしていました(笑)
 あんずもちょっと便秘気味だったのですが、この時ちょびっと。
 (丸1日半していなかったのですが、次の日30cm近くいいウンチをしました)

 うんちを確認するレオと野郎さん
 「俺のウンチ、いいウンチかな?」「いいウンチだよ、よかったね、レオ」


 ネロさんおやつあげる 
 ぱとらを連れたネロさんがもも姉さんとごろーにおやつをあげるところ
 

 工事のためコースを変更していつもとは逆に周り、歩いていきます。
 たまチリははぐれそうになる最後尾の方たちを誘導する係。
 林間で起伏もあるのと16頭いるので、全体を把握するのがなかなか大変でした。 

 広場につくと皆さんがワラワラ。
 いつもの広場が狭く見えるくらいです。

  ごちゃごちゃだー
 もうごちゃごちゃですごい状態です。


 コタロー・シューマッハ
 ポールポジションはキープします。いい位置だね、コタロー。


 私は一息ついたところで水をあげようと思いウロウロしていました。
 (カンスケにも水飲ませようとなぜか焦っていた私)

 せっかくごろーがあんずにきてくれたのに「今はちょっと遊ばないよ」と言うつもりが
「今日は遊ばないよ」と…。
 「遊ばないんですかー」というごろごろ太さんの声が聞こえた瞬間、桜の木に前頭部を
思いっきりぶつけました。
 
 バチが当たりましたよ。

「せっかく遊ぼうってるんだから、遊ばせてやらんかいバカモノが!これでもくらえ!!」
と犬の神様が言ったに違いありません。

 ごろー、次は思う存分遊んでやってください。 

 ごろー主さんにおやつもらう
 ごろー:「どうしよっかなー」
 

 ももじとさらさ
 きさ母さんにおやつを貰うももじ。

 
 ももじはいつものように穏やかだけど、ちょっと積極的。
 うふ~んとお腹を出してごろーを誘っていたり!?(違いますね)
 おやつを貰う時もいつもだと「3歩下がって待つの」なのですが、今日はみんなと同じ
ラインに座って待っていたように思います。
 でもガウガウしないです。落ち着いてるなー。
 おやつをあげて「ハイタッチ」というと、手を出してくれました。
 蓮音さんも教えていないようです。
 どうやらあんずと同じパターンで他の犬の様子を見て覚えたのでしょうね。

 ももじ絵になる
 森の中でたたずむももじ。


 途中、あんずのリードをタローの主さんに持っていただいている間、きらりちゃんの
リードを持たせてもらいました。
 きらりちゃんはお母さんとさらさちゃんの側からあまり離れることもなく、安心して
リードを持つことができましたが、それでもやっぱり少し緊張しちゃいますね。
 特に優しくリードを持つように心がけました。
 というか、いかにいつものリードワークが荒っぽいか痛感した私。
 こりゃいかん。

 きらりとさらさ 見てるよー
 左がきらりちゃん、右がさらさちゃん。
 さらさちゃんはあんずと同じハーネスなので、あんずが他のワンコとギャウギャウ
していると、「さらさ!?」ときさ母さんびっくりしちゃったみだいです。


 凛ちゃんはとっても優しくおやつを食べてくれました。
 そーっとそーっと。
 鶏胸肉のジャーキーも気に入ってくれたようです。

 凛 あーん
 凛ちゃん、お母さんに何か言ってるのかな?
 大吉くんもしっかりお母さんを見ています。
 

 あんずは時々サルがケンカするようにガウガウとやってました。
 (ゴロゴロ取っ組み合いながらギャウギャウ言うので本当にサルみたいです)
 オス犬に向かうのが多かったように思います。
 ぱとらとは何回がギャウギャウしてましたが、全く怯まないあんず。(少しは怯め)
 ぱとらの頭を飛び越えて方向転換したり、お転婆(じゃじゃ馬?)娘全開です。
 血の気が多いのは誰に似たのか知りませんが(笑)クールダウンさせるため、
時々群れから離しました。
 興奮を引きずったまままた次の興奮へ繋がってしまうのはよくないと思ったので。
 おやつの時は座れ、待てで待たせることを意識しました。
 いつもは声だけの指示ですが、ハンドサインも併用することで伝わったと思います。

 ぱとらが近づくと・・・
 ぱとらがあんずに近寄ってきました。


 あんずが吠える
 あんず、吠えちゃいました。(踏ん張るならもっとちゃんと踏ん張れよ、自分)


 ぱとらとあんず
 お互いリラックスしていれば大丈夫です。


 あんずもリラックス
 あんずもニコニコ。


 ぱとら アイコンタクト
 ぱとらもネロさんにアイコンタクト。


 不穏な雰囲気の時は早めに犬の間に入ってガウガウは起きないように気をつけた
つもりですが、それでも最後にやっちゃいました。
 隣にいたボン君?ごろー?におやつをあげようとしたら、あんずがギャウギャウと。
 この時に体を入れてインターセプトすればよかったのですが、もうギャウギャウが始まり
興奮してしまったので、家であんずとカンスケがギャウギャウすると止めさせる
「やめ!」がついつい出てしまいました。
 あんずはさっと座り落ち着いたので褒めて、無事おやつをあげることができましたが、
ついやってしまいました。
 びっくりした方、ごめんなさいね。
 叱ったのではなくて「やめなさい、私を見なさい」という指示ですので。
 
 
 カンスケは最後尾の方でぱとらやもも姉さんと距離を取りながらの散歩でした。
 通路は狭いところもあるので、これだけたくさんいる時は特にパーソナルスペースに
気をつけなければなりません。
 結果的には歩いている間はガウガウしなかったようです。
(抜かれたり追い越しても大丈夫でした)
 しかし、止まっていて近くに犬が来た時、真正面から見られた時にガウガウと
吠えることが数回ありました。
 たまチリが声をかけると我にかえって落ち着くことができました。
 (こぎママさんに「カンちゃん」と言われると、我に返るのがもっと早かったそうですが)
 たまチリはいつになく高めの声を出すようにしていたつもりだったようですが、
それでも女性の声の方がカンスケには合っているみたいです。
 
 それと、すみれの親父さんにおやつを貰うことができました。
 ただ、すみれの親父さんが遊びに誘う動きをすると、ガウガウと吠え警戒モードに。
 あやうくブラックリスト入りするとこだったのですが?
最後は(何にもしない?おでのことびっくりさせない?と疑り深くながらも)
おやつを貰って終わることができてよかったです。
 カンスケにとって、人はゆったりと動いている方が安心できるのかもしれません。
 すみれの親父さん、知らぬこととは言えびっくりさせてしまいすみませんでした。
 大きな怪我に繋がらなくて本当によかったです。
 これから私たちも十分気をつけます。


 空、匂い嗅ぎ
 空くんは空色のハーネス。気になる匂いがあったのかな。


 主さん楽しそう
 犬に囲まれ満面の笑みを浮かべるタローの主さん。

 
 山の上のキシュウ
 キシュウは山の上からみんなを見ています。


 もも姉さん
 落ち着いてくるとちゃんとアイコンタクトしてくれるもも姉さん。いい顔です。
 ぱとらがもも姉さんに吠え掛かった時、それに反応したカンスケがガウっと吠えると
おさまったとか。
 止めようとしたのではなくて、つられて興奮したからではないかなと、
たまチリは言っています。


 レオとボン
 レオ(右)は近くに犬がいても歩いていれば大丈夫になってきたのでしょうか。
 止まってしまうと興奮してしまうのはカンスケと同じですね。
 でも回を重ねるごとに確実に進歩していると思います。
 左:いい顔して散歩しているボン(通称ボンボン)


 レオいい顔ー
 レオは本当にたのしそうですねー。
 

 集合場所に戻ってきたところで白い犬が乱入?よく見たら噂の『編集長代理』ですよ。
 編集長代理は「じゃんけん大会」を開催してくださりました。
 見事優勝した大吉母さんには手ぬぐいとでっかいラスカルが進呈されました。
 その後、全員がお年玉を頂いてしまいました。
 何ていい犬なんだろう。
 『編集長代理』が気になる方はこちらをクリック!!→「抽選会本番の動画」
 
 白い犬の人
 生編集長代理の登場です。
 本人(犬?)の希望で素顔は出せません(笑)
 

 被り物には警戒
 被り物にもだんだん慣れてきたあんず。ちょっとだけ警戒。


 怪しいから見ないでおこう
 正体はわかっているようですが、やっぱりちょっと警戒。
 関係ないのですが(笑)、今回はタローの主さんに少しリードを持っていただきました。
 他の人にリードを持ってもらうのは本当に久しぶりで、もしかしたら私を気にして
歩かないかもなんて少し心配してみたりもしました。
 が、スタコラと先に行って姿が見えなくなりました(笑)。


<広場にて>

 すみれ遊ぶ
 すみれちゃんは大きな木の枝をくわえて「バキ!」と折って遊んだりしていました。
 広場では親父さんに撫でられて土埃をあげてゴロゴロ(笑)
 遊び方がダイナミック。


 ボンボンかわいい
 いい顔ボンボン。
 おやつも上手に食べていました。
 声をかけると顔も見てくれて嬉しいですね。


 足の間からコタローを見るボンボン
 コタロー君が気になる?ボンボン。
 おおやまさんの足の間から見ているのがおもしろいです。

 
 最後にレオ君、キシュウ君、大吉君とタップリふれあうことができました。
 3頭とも若いオスなのに、吠えることもなく、みんなとても落ち着いているのが
印象的でした。
 やはり通じるものがあるのでしょうか。

 大吉とキシュウ
 左が大吉君。真ん中がキシュウ君。右が・・・編集長代理(笑)
 大吉くんはおばあちゃんが紀州犬だったと思います。
 

 白い凛々しい紀州犬が3頭、圧巻です。(大吉君とキシュウ君とレオ君のことです)
 が実際はというと・・・

 ピーピー鳴いて、甘えて、顔をベロベロ舐めてくれて・・・。

 ヤバイ、可愛すぎる、紀州犬・・・。

 外見はあんなに強くて凛々しくてかっこいいのに、可愛すぎる・・・。

 外見の内面のギャップに弱いんだ自分、とわかりました(笑)



 頭数が多い、初顔会わせが多い、若いオス9頭メス7頭(最年長はもも姉さん5歳)
という構成だったことで、いつも以上に緊張感はあったと思います。
 カンスケは他の犬と触れ合うことがなかったとはいえ、あんずも血の気が多いし…。
 あんずがギャウギャウ!と吠えるとカンスケがさっと顔を上げ、警戒していたそうです。
 あんずが落ち着くとカンスケもまた落ち着くという感じだったようです。
 それぞれの犬の性格もあるでしょうし、もっと年をとって落ち着いていけば、
すぐに吠えあいになることも少なくなっていくのでしょうが、犬が成長していくまでの間、
どのように他の犬と慣れさせ、初めての犬を穏やかに迎えることができるようになるか、
考えていきたいと思います。
 吠え合いが始まる前はインターセプト、始まってしまったら手を叩いたりして止める
ということが有効なだそうです。
  
 今回参加された皆さん、本当にお世話になりました。
 遠いところからきて頂いてありがとうございました。
 次回、またお会いできるのを楽しみにしております。
  



 


 レオ君が・・・レオが・・・。


 私のオシリの匂いを嗅いで・・・。


 クシャミした。


 朝、お風呂に入ったのに・・・。


 結構、ショック・・・がっくり


 他の人には「レオのカーニバル」(マウンティングとも言う)をしていたのに・・・。


 野郎さんは「くっくっく」と笑っていました。


 レオに好かれる匂い、なんだろう・・・。


 ぐす。


追記を閉じる▲
 


 レオ君が・・・レオが・・・。


 私のオシリの匂いを嗅いで・・・。


 クシャミした。


 朝、お風呂に入ったのに・・・。


 結構、ショック・・・がっくり


 他の人には「レオのカーニバル」(マウンティングとも言う)をしていたのに・・・。


 野郎さんは「くっくっく」と笑っていました。


 レオに好かれる匂い、なんだろう・・・。


 ぐす。

【2010/01/26 21:58】 | つくば お散歩会
トラックバック(0) |

編集長代理(謎の白い犬)さんへ
たま
 編集長代理直々のコメント、ありがとうございます。
 タローの主さんより仕事ができて知識も上と言い切る編集長代理、年に1,2回と言わずちょくちょく現れて欲しいものです(笑)

 「やめ!」ですね、聞いた事がない方はびっくりした方もいらしたと思います(笑)。
 毅然とした態度が少しはできるようになるまで、あんずとカンスケに育てられたような気がします。
 
 オフ会はおろか、地元の犬友達が日常の散歩で集まることもない我が家では実は違いはよくわかりませんが、個々の意識の問題ということはカンスケとあんずへの注意の仕方が違うことでよくわかります。
 たまチリが最後尾から見ていて、いくつかのグループに分かれていたのが広場で集まって、また違うグループが再構成されていって、それはそれでよかったかもということも感じたようです。
 
 その場その場でわからないことは聞いたり確認したり、お互いのコミュニケーションをとりながらうまく進めていくことができればいいですね。
 
 次回またよろしくお願い致します。
 (あ!年に1,2回でしたっけ!? 爆)
 

改めまして。
編集長代理(謎の白犬)
ご紹介に預かりました、編集長代理です。
ん~ 読み応えのある楽しい記事です。
良かったら、うちの編集部に来ませんか?(タダ働きになりますが。笑)
あっ、タローの主記者は記事作成に追われて忙しそうだから、暇な私が代わりに寄らせて頂きました。 ちなみに彼より私のほうが仕事も出来るし、知識も上なのでコメントもご安心下さい。(編集長代理の肩書きはダテじゃない。爆)

さて、犬の行動を制する際の「ヤメ!」という号令。 これは飼い主の毅然さとしてまったく問題ないかと。 本来であれば、その毅然さは時として必要なのですが、それが出来ない飼い主はその姿を見て驚くかも知れませんね。私もそのぐらいの強い口調で普通に発していましたよ。
とくに犬が2頭以上になると、穏やかな口調では聞いてくれないこともしばしば。 あくまでも号令であって、叱責とは違いますからね。 見ている人はその辺を勘違いしては困るのです。

そして、ちょっと気になっていたこと。

>今回,事前に主さんに「固定メンバーばかりでは,オフ会の延長に過ぎなくなってしまうかも知れない…」
>等々と少し書かせて頂いてはいたのですが,実際に蓋を開けてみたら,単に頭数が増えた,以上に
>様々に学ぶものがありました。

ズバリ、固定メンバーだとオフ会の延長になるという懸念は一切ありません。 そもそも気楽なオフ会とは目的意識が違います。それはメンバーが固定されようがされまいが、参加者の意識のい問題です。 逆もまたしかりで、新しいメンバーが多数いたところで、オフ会だと思って参加すればその程度の内容(発見・学習)に終わるし、主旨のあるお散歩会だと思って参加すれば様々な気付きが得られます。
そして、古いメンバー(確立された群れ)対新メンバーという図式でもないですね。 そもそも馴染みのメンバーといっても、それぞれの犬にはそれぞれの生活があるわけで、お散歩会においては確立された群れとは異なります。
だから新メンバーが入ってきたところで、全ての組み合わせは個対個なのです。 現に馴染みのメンバーといえど、多頭参加の場合はスタート時に群れと呼べるようなチーム編成にはなっていません。

本当ならば、少数編成の群れのほうがコンパクトにまとまって行動できるので変化を見る上では一番良いのですけどね。
頭数が多い場合はいずれは2班編成というのも有りかもしれません。
先ほどの話じゃありませんが、頭数が増えすぎるときほどオフ会の様相になってしまう恐れがあります。



ネロくんへ
たま
先日はありがとうございました。
ぱとらに会えて嬉しかったです。
耳、実際に見てもやっぱりかわいかったですね。

「やめ!」ですが、強い語調で驚かれた方もいるかなぁと思いました。
我が家で「やめ!」と使うのは2つの場面だけです。
それはプロレスがエキサイトしすぎてプロレスでなくなりかけた時
(時々はやらせますが、ムキになってギャウギャウ吠えたり歯がガツガツ当ったりしてきた時)と、
食べ物で争いをした時です。
これは家族の中で争う必要はないのだということを伝えて、安心してのんびりしていられる場を
こちらが与える必要があると考えているからです。
なので、今回はつい出てしまったという感じです。

ただ、始まってしまったらそれをおさめないとという気持ちが強く、
あんずには「今はそれをする時ではない、こちらを見なさい」というつもりで言いました。
叱りではなく指示の意味合いが強いかなぁと。

なので、「やめ!」は「ここぞという時」にしか使わず、普段は言いません。

(拾い食いなど)やめて欲しい時は名前を呼んでこちらに来させるとか、
「待~て」でそれ以上進まないようにしています。
コマンドが多いと私自身が混乱しそうなので「待て」はとてもいいなぁと思っています。

ネロさんがぱとらに対する「No」を言う場面はよくわからないのですが、
各家庭で何を止めさせたいのかそれぞれでしょうし、どう育って欲しいというのも各家庭で
それぞれの考え方があると思います。
その辺を踏まえて、あくまでも参考にしていただければと思います。

我が家では初めから「やめ!」でしたが、「No」をいきなり「やめ!」に変えると
ぱとらは混乱しないのかな?とも考えてみたり…。

すみれの親父さんへ
たま
先日はお世話になりました。
ありがとうございました。

犬と体を使って遊ぼうと言うすみれの親父さんのお気持ち、とても嬉しかったです。
主さんも時々犬になって遊んでいますしね、それが犬と触れ合う醍醐味なのだと思います。

カンスケは最近になってやっとたまチリにプレイバウっぽい動きができるようになってきたところだったと思い出しました。
それでもまだあんず以外には興奮をうまくコントロールできない感じがします。
プレイバウしてそのまま靴をくわえて振り回し、はっとした顔をしてやめてまた静かになったりします。
警戒心も強いですし、ビビリですし。
そのあたりを踏まえて私たちも早く気がつけばよかったのだと思っています。
こちらこそ配慮が足りなかったなぁと反省しています。

なので、気になさらないで下さいね。

慣れてたらあんずと遊んでやってください。
夏になって薄着になる前に(笑)慣れてくれればいいですね。
あ、でも気が乗らない時はあっさり無視します(泣)
すみれの親父さんが犬になるところ、楽しみにしています!

ルークママさんへ
たま
こんにちは。
毎度のことながら長いレポート読んでいただき、ありがとうございます。

>なるほど~。たまチリさん、どんな内面があるんだろう(爆)
え~と、そこがツボですか・・・。
あんな顔して皮膚が弱いとかあんなにゴツイのにちょっとの熱でダウンするとか・・・。(平熱が低い)
あとは辛子明太子は好きだけどタラコは嫌いとか・・・。
え、そうじゃないですか!?
本人は布団の中で「俺はデリケートなんだ」ともそもそ言ってます。
あ、あと見かけによらず血圧も低いです!

カンスケとあんずが一緒におやつを貰う時にあんずがガウガウ言うのは
「無視しておやつなし」で最近なくなってきたなぁと思っていたんですよ。
今回は距離を取ったり離しておやつをあげていたりしていたのですが、やっぱりガウしまして・・・。
それでつい出ました。
余程気迫が伝わったのか、さっと座って私を見ましたので、あんずも驚いたというかはっとしたのかなぁと思っています。
でも気がついてくれてよかったです。
我が家の中ではもうしばらくの間「やめ!」は言うことになるのでしょうが、年とって丸くなってしまったら物足りなくなるかもしれませんね(笑)。

あんず、陰で「オニババがさぁ…」なんてカンスケと話していたりするのかも知れません(笑)
そんな気がする・・・。

蓮音さんへ
たま
こんにちは。
先日もメールもありがとうございました。

ももじはさりげなくだけどしっかり周りを見ていていろんなことを吸収しているのだと、
ももじの様子を見ていてわかりました。
これから(恋人犬の影響も受けて?)どう成長していくのか楽しみですね。
恋人犬の存在もすごく気になります。
どんなに魅力的なオスワンコなんでしょうね。
(見たことないだけに気になります 笑)
1歳ちょっと前のカンスケと仔犬だったあんずと一緒に暮らし始めて、
私たちが教えてあげられない犬のことをカンスケはよく教えてあげたと思っています。
性別も性格も違うワンコと一緒にいることで、自然にももじが学んでいったこと
なのではないかなぁなんて思いますよ。
そこにももじらしさが最近出てきて、犬の成長を見ているのは楽しいなぁと思っていました。

皆さんの記事を読むと、へぇと思うことがたくさんあっていいですね。
私たちも反芻してますよ。
確かに今回は頭数も多くて戸惑うことも多いかもしれませんね。
私も全てを見回す余裕もあまりなかったし、自分がリードを持っている犬は
まずしっかり見ようということだけ考えていたような気がします。
情報過多で混乱してしまいそうでも、他の方の記事や写真で振り返ることができますし、
今回は私にとってもとても実りのあるお散歩会になったと思っています。

若いオス犬が多いということや初対面で慣れていないという場面は今後も確かにあるかも
しれませんよね。
おやつのあげ方にしてもですが、そういう場面でどうしたらいいか考えて判断して行動することを
学んでいければいいなぁと私自身思っています。
緊張した場面もありましたが、過ぎたことは仕方ないとして今後に生かしていければいいかなぁと。

ガウガウした時のことですが、慣れていない興奮した犬に手を出すのは危ないということは
獣医さんにも聞いたことがあります。
始まる前にリードを持っている飼い主さんが気がついてうまく回避することが
できればいいのでしょうが、始まってしまったら気をつけないといけないところもありますね。

たまチリまで心配して頂きありがとうございます。
鬼の霍乱です(笑)。
次回も宜しくお願い致します。

ごうのお母さんへ
たま
こんにちは。
ほんと、ゴロゴロでした(笑)
私がトイレに行っている間に皆さん出発していて、戻ってきたら残されたみんなはウンチしていたという貴重な場面でした。
それでもカンスケは昔なら下痢でしたので、普通にウンチができるというのも慣れた証拠なのかなぁとも思ったりして…。

あの写真、最初に集まっている時の写真だと思いますが、
離れていたのでまぁ落ち着いてはいるものの、釘付けでしたねぇ。

「ごうのおかあさん、お、おでは、たくさん犬がいるところは
こわいから、おっとうといっしょにあとからゆっくりあるきました。
だからだいじょうぶでしたよ
でも、さいしょにみんなあつまったときはどうしようかなぁ、かえろうかなぁとおもいました」

ごうくんの首も太くてがっちりしてますよね。
確かに首から肩にかけて似てるなぁと思いました。
でもカンスケの毛はシャンプーして1ヶ月たたないのにうすら汚れてます(泣)。

ごろごろ太さんへ
たま
こんにちは。
今回も写真を載せたかったのと、自分の見た範囲のことなので、
知らないこともたくさんありますけどね(笑)

最後にガウガウしたのはごろじゃなかったんですね。
たまチリに聞いたら「茶色い仔だったよー」と言ってたので。
言われ慣れてないとびっくりしたかなぁとちょっと思いました。
それにしても習慣って怖いです(笑)
つい出ちゃいました。
我が家の様子はあんなんです。
次回も宜しくお願いしますね。

毅然・威厳
ネロ
こんにちは~^^
いや、もう、いろいろとご相談にのって頂いているので、簡潔にコメを書きますね~。
※ …と言うか、もう反省の言葉しか出てこない (~_~;)


>「やめ!」がついつい出てしまいました

あんずがおとなしくなった時、思わず拍手しちゃいましたよー(皆さんもしてましたよね)。
ピシッと!伝え、その場を律する言葉。
毅然と威厳が感じられました。

ぱとらには「No!」と言ってましたが(最近は、Noが言えなくなりました…)、「やめ!」の方が言いやすいかも。
‘No’って、私的には「ダメぇぇぇぇー」の意味合いが強いので、焦りの気持ちから声が一層高くなっちゃうんですよね(^^ゞ
語尾も延びやすいし…。
Noと言えなかった場面で、言ってみます♪

すいませんでした
すみれの親父
カンスケにはほんとに悪い事してしまって申し訳ありません。
完全にあれは私のミスです。
ちょっとあの場が楽しくなり過ぎて、油断というかカンスケの性格とかその辺が一瞬とんでいました。
情けない話です。
ブログを読ませて頂いているのでもっと会った気になっていましたが、
よく考えればまだ3回目、しかもあんずではなくカンスケに遊びを誘うなんて。

あれから日々反省しております。
これからはもうちょっと気を引き締めて参加します。

カンスケすまんよ~!!!



ルークママ
詳しいレポート御苦労さまです!
画像も多くて楽しく読ませていただきました。
でも一番のツボは何と言っても ↓

>>外見の内面のギャップに弱いんだ自分、とわかりました(笑)

なるほど~。たまチリさん、どんな内面があるんだろう(爆)

実は・・・泣き虫、とか。それとも甘えん坊、とか?
あ~そんなことばっかり気になっちゃう(爆)

「やめ!」 良いと思います。
必要なときには、はっきりと、この場は人間が仕切ってんだゾ!という毅然とした態度を取ることは間違っていないと思いますv-398


レオ君,ナイスキャラだったんですね!
蓮音
先日のメールと重複してしまいますが…
23日のお散歩会でも,お世話になりました。

ももじ,とても積極的になったと思います。
駐車場にワンコが到着する度に,「挨拶しに行かせてくださ~い」という意志を以前よりもずっと明確に示していました。

コタロー君からは,穏やかさと「オヤツをあげる人間の視界にきちんと入るのが,その人間に対する親切ってものなのさ」という思い遣りの心を。ごろー君からは,様々な遊びのテクニックと子供らしさを。カンスケ君からは,世の中には近づかれるのが苦手な犬もいるという事実を。あんずちゃんからは,犬として健全なハンター精神と全体を見渡す眼を。他にも一杯ありますが,他の常連パピー(若手)から,ももじが学んだことです。どの子が欠けても,今のももじはなかったと思います。本当に有難うございました。

それぞれに学んだことを上手く調和するように消化させてあげられず,一切が恋人犬任せになってしまったのは,飼い主として不徳の致すところです。色々と申し訳ありません…

私はいつもももじ+α程度しか観察できていないので,へぇこんなこともあったんだぁ等々,皆さんの記事を通して,反芻させて頂いています。

今回,事前に主さんに「固定メンバーばかりでは,オフ会の延長に過ぎなくなってしまうかも知れない…」等々と少し書かせて頂いてはいたのですが,実際に蓋を開けてみたら,単に頭数が増えた,以上に様々に学ぶものがありました。実際,私にとっても,ももじにとっても,このタイミングが最適だったと思います。参加したての頃からあの状況だったなら,情報が過多になって,飼い主,犬共々,何も学ぶ余裕が生まれなかったに違いありません。

オヤツ遣りをめぐる注意も含め,主さんが何を目の当たりにし,想定しながら,記事をお書きになっているのか,その一端が窺えたことも嬉しいことでした。

まぁ,少なくとも目下,日々のお散歩において,ああいう緊迫した状況が断続的に来る…といったことはありません。ももじ周辺に限らず,今後,「社会化」された犬が増えていくにつれ,ああいったガウガウの場面は減ってくる可能性はあるんでしょう。そのため,あの「予行演習」が遠い過去の語り種になる日もいつかは来るのかも知れないなぁ,とは思いつつ。

ガウガウの対処法,了解です。今回,ちょっと危ない止め方をしてしまっていたので,次回,生かしたいと思います。この次もよろしくお願いいたします。たまチリさんもどうぞお大事に!


ごうのお母さん
たくさんのワンコと飼い主さん。
ゴロゴロいて、でもリラックスした雰囲気でいい感じですね。
みんながあっちこっちでウンチを始めていたなんて、とてもほほえましい(笑)

オデ君(笑)は、オデよりも大きなワンちゃんがいて、その後は良かったですか?
あの、横からの首から肩にかけてごうに良く似ています。なにか考えてるんでしょうかね。


お疲れ様でした
ごろごろ太
まとめてくださる方がいて助かりま~~~す(*^^*)
最後にあんずとガウガウしたのはごろーじゃないですねー。
たまさんの「やめ!」という素晴らしい静止を
笑って傍観してましたから。(笑)
またよろしくお願いします♪

Keiさんへ
たま
先日はお世話になりました。
遠いところ、ありがとうございました。

ずっとみんなの輪の中にいた訳ではないので文章は偏りがありますが、
写真を楽しんで頂けて嬉しいです。

慣れていないとやはりいきなり交流は難しいですよね。
Keiさんのお気持ち、よくわかります。
Keiさんが大丈夫と思った時でいいのではないでしょうか?
キシュウ君、とっても凛々しいのに甘えん坊でかわいくて…。
初めて会った私にもマッサージさせてくれたし、大満足です。

前回、自己紹介の時にレオ君が早く歩きたくて小枝をガジガジ噛んでいました。
ふと下を見るとカンスケもガジガジしていました。
2頭連れて行った散歩の途中で立ち話していると、2頭ともだんだん落ち着きがなくなってプロレス始めちゃいます。
それを見て早く歩きたいんだろうなぁと思いました。

キシュウ君と大吉君は守谷のSAでも一緒にいて慣れてからの参加だったからよかったのですね。
でもレオ君と3頭いても穏やかでとても不思議な反面通じるものがあるのかなぁと思いました。
あんずも以前甲斐犬のおこげちゃんと初めて会ったのにとても仲良く穏やかに過ごしていて、不思議だなぁと思いました。
本当に嬉しい誤算でしたね!

あ、でもクシャミは・・・。
クシャミした後、「やっぱやめた」と去っていくレオ君を寂しく見送りましたよ(笑)

カラバッシュ、今度ご一緒しましょう。
スパイスがすごく効いているわけでもないので始めての方も食べられると思いますよ。
接待役のたまチリは今ハライタで寝ていますが、「(アフリカ料理の)アチャケ食ってないから具合悪くなったのかなぁ」と言っていたので「アフリカに帰れば?」と言っておきました(笑)

 またご一緒できるのを楽しみにしていますね。
 宜しくお願い致します。

まきママさんへ
たま
 今回はたまチリとカンスケが十分距離を取っていたので、写真を撮る余裕もあったようです。
 私も一人だったら写真まで気が回りませんねぇ。

 紀州犬3頭+1頭は本当に圧巻でした。
 でもみんな穏やかでそれもまた凄いと思いました。

 カンスケは最近モグラの穴をホリホリしていても、声をかけるとやめて戻ってきます。
 が!あんずは狩猟モードに入るとなかなか戻ってきません。
 いつか捕るんじゃなかろうかと、一緒に走って自由にさせてあげようとする反面、ドタドタと音を立てて周りの小動物に注意を促しています(笑)。

 コタくんも和犬の素質全開ですよ。
 主さんのブログで大笑いいました。
 思っていた以上に素っ気無かった・・・(笑)。
 あ、でもあんずも「おやつないよ」というとさっさといなくなります。

 くしゃみは・・・(泣)
 レオ君はクシャミした後に私からいなくなりました。
 「エライもん嗅いじまった」と思ってなきゃいいんですけど。
 
 ギャップがあるのかどうかわからないたまチリは、ノロウィルスにやられたようです。
 同じもの食べて側にいる私が何ともないのがちょっと怖いです。

 また宜しく願いしますね!

土曜日はありがとうございました!
kei
わ~、写真がいっぱいで楽しいです!当日は周りが見られなかったから、こうして他の方のブログを見て、初めて知ることが多いです。

お散歩中はほとんど交流できなかったので(私がチキン過ぎるかと…)、雑談タイムにキシュウを撫でていただいたりして嬉しかったです!キシュウも私も徐々に集団に慣れていこうと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

「止まってしまうと興奮してしまう」ということがあるんですね!キシュウも長いこと立ち止っているとピーピー言い始めるのです。同じタイプかもしれません。常に歩き続けているのがいいのでしょうかね………。

紀州系3頭が落ち着いていられたのは、私にとっても不思議だったんですよ!大吉くんとは比較的長い時間を一緒に過ごしたのでそのせいかと思いますが、レオ君とは初対面だったのに。 嬉しい誤算でした!
そして私は、レオ君にくしゃみをされたたまさんが羨ましいです…^m^

カラバッシュは、興味大アリです!珍しい外国料理は大好きなんですよ~。口に合えば嬉しいし、合わなくても「この国の味覚はこうなのか~」で楽しいし。よかったらご一緒させてくださいね^^

お疲れ様でした
まきママ
今回は写真もたくさんあって、嬉しいです♪
何しろうちはほとんど写真が撮れなかったもので(^_^;)

紀州犬3頭(4頭?(笑))は圧巻でしたね。
それに猟犬系DNA(!)を色濃く残すカンスケくんに、あんずちゃん。
かっこいいなあ~憧れるな~・・・それを見ると、
「ちょっとコタロー、そこに正座しなさい。
おまえ、和犬の気構えはどこにおいてきちゃったんだい?」
と説教したくなりますが、まあ個体差ってことで大目に見ることにします。

>外見の内面のギャップに弱いんだ自分、とわかりました(笑)

そうか、たまチリ殿は、ギャップがあるのね(笑)

そうそう、犬って確か嬉しい時・興奮した時に(軽い)くしゃみを連発しますよね?(ん?違う?)
レオくんったら、たまさんに興奮したのねv-238

ぽちんちのママさんへ
たま
今回の写真は全てたまチリが撮りました。
午前中で明るかったのでよく写っていたみたいですよ。
いい顔したワンコがたくさんいて、つい写真を載せたくて長~い記事になってしまいました。

文章、わかりやすかったですか?
今回はカンスケは最後尾、あんずも興奮してしまう時は群れから離していましたので、
他のワンコとは密接に触れ合うことは少なかったです。
なので、見た範囲でのことを書いていますよ。

主さんと編集長代理さん(笑)が犬まみれになっているところ、私も写真を見て
とても嬉しくなりましたよ。

カンスケはまずは無理させないで安心できる場所を作ることを考えていたので
他のワンコと触れ合わなくてもいいと思っています。
でも(あんずもですが)他の犬がたくさんいるところでも落ち着いていられるのも
大事だと思っていますし、そうできるような私たちの努力はずっと続くのかなぁと
思っていますよ。

たまチリ、結局仕事を休んで唸って寝ています。
水曜日は休診の病院が多くて何とか見つけた病院にこれから行ってもらいます。
吐いたりはしないのですがとにかくひどい下痢と腹痛です。
まついゆうじんがん、我が家の周りの薬局には置いていなかったので余計に
手に入れたくなりました(笑)。

こぎママさんへ
たま
こんにちは。
今回はもも姉さんにガウガウしたのは少なかったようですね。
やはり何回も通った場所というのもあると思いますし、
あとは距離を十分にとっていたからかなぁと。
それでもこぎママさんの声にはっとできるようになり、
他の人の声も聞けるようになったのだと思うと嬉しいです。

あ、クシャミのことは…(泣)
素直な反応でそれが正直なところなんでしょうけど…。

こちらこそ、またご一緒した時は宜しくお願いします。



ぽちんちのママ
たまさん、大作の記事ですね。
細かく書いてあり、とても分かり易く、何より犬への愛情が溢れ出ていて… じーんときました。
編集長代理さんが犬まみれになっているところでは、何だかうるうるしてしまいました。
写真はカメラ2台で?
すごく素敵なお散歩道の記事ですね。さすがたまさん!

カンスケもあんずもたまさん、チリ殿が心をあわせて手招きしている方にズンズン進んでいるのが、よくわかります。



こぎママ
こんばんは♪土曜日は送迎までしていただいてありがとうございました。
レオ君のあのくしゃみ、なんだったんでしょうね~(爆)
カンスケは、「かんしゅけ~♪」ってよぶと、はっっっっっと我に返っていましたよ。ももを見ると一瞬う゛、お、おで、どうしよう、という顔をしていましたが。前回の小田原のときよりは数段落ち着いていたように思います。ももがちょっかいを出さなかったせいだけではなく。ホームは落ち着くのかなぁ?

次回もまたよろしくお願いいたします<(_ _)>


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
編集長代理(謎の白い犬)さんへ
 編集長代理直々のコメント、ありがとうございます。
 タローの主さんより仕事ができて知識も上と言い切る編集長代理、年に1,2回と言わずちょくちょく現れて欲しいものです(笑)

 「やめ!」ですね、聞いた事がない方はびっくりした方もいらしたと思います(笑)。
 毅然とした態度が少しはできるようになるまで、あんずとカンスケに育てられたような気がします。
 
 オフ会はおろか、地元の犬友達が日常の散歩で集まることもない我が家では実は違いはよくわかりませんが、個々の意識の問題ということはカンスケとあんずへの注意の仕方が違うことでよくわかります。
 たまチリが最後尾から見ていて、いくつかのグループに分かれていたのが広場で集まって、また違うグループが再構成されていって、それはそれでよかったかもということも感じたようです。
 
 その場その場でわからないことは聞いたり確認したり、お互いのコミュニケーションをとりながらうまく進めていくことができればいいですね。
 
 次回またよろしくお願い致します。
 (あ!年に1,2回でしたっけ!? 爆)
 
2010/02/01(Mon) 09:02 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
改めまして。
ご紹介に預かりました、編集長代理です。
ん~ 読み応えのある楽しい記事です。
良かったら、うちの編集部に来ませんか?(タダ働きになりますが。笑)
あっ、タローの主記者は記事作成に追われて忙しそうだから、暇な私が代わりに寄らせて頂きました。 ちなみに彼より私のほうが仕事も出来るし、知識も上なのでコメントもご安心下さい。(編集長代理の肩書きはダテじゃない。爆)

さて、犬の行動を制する際の「ヤメ!」という号令。 これは飼い主の毅然さとしてまったく問題ないかと。 本来であれば、その毅然さは時として必要なのですが、それが出来ない飼い主はその姿を見て驚くかも知れませんね。私もそのぐらいの強い口調で普通に発していましたよ。
とくに犬が2頭以上になると、穏やかな口調では聞いてくれないこともしばしば。 あくまでも号令であって、叱責とは違いますからね。 見ている人はその辺を勘違いしては困るのです。

そして、ちょっと気になっていたこと。

>今回,事前に主さんに「固定メンバーばかりでは,オフ会の延長に過ぎなくなってしまうかも知れない…」
>等々と少し書かせて頂いてはいたのですが,実際に蓋を開けてみたら,単に頭数が増えた,以上に
>様々に学ぶものがありました。

ズバリ、固定メンバーだとオフ会の延長になるという懸念は一切ありません。 そもそも気楽なオフ会とは目的意識が違います。それはメンバーが固定されようがされまいが、参加者の意識のい問題です。 逆もまたしかりで、新しいメンバーが多数いたところで、オフ会だと思って参加すればその程度の内容(発見・学習)に終わるし、主旨のあるお散歩会だと思って参加すれば様々な気付きが得られます。
そして、古いメンバー(確立された群れ)対新メンバーという図式でもないですね。 そもそも馴染みのメンバーといっても、それぞれの犬にはそれぞれの生活があるわけで、お散歩会においては確立された群れとは異なります。
だから新メンバーが入ってきたところで、全ての組み合わせは個対個なのです。 現に馴染みのメンバーといえど、多頭参加の場合はスタート時に群れと呼べるようなチーム編成にはなっていません。

本当ならば、少数編成の群れのほうがコンパクトにまとまって行動できるので変化を見る上では一番良いのですけどね。
頭数が多い場合はいずれは2班編成というのも有りかもしれません。
先ほどの話じゃありませんが、頭数が増えすぎるときほどオフ会の様相になってしまう恐れがあります。

2010/01/30(Sat) 01:07 | URL  | 編集長代理(謎の白犬) #NkOZRVVI[ 編集]
ネロくんへ
先日はありがとうございました。
ぱとらに会えて嬉しかったです。
耳、実際に見てもやっぱりかわいかったですね。

「やめ!」ですが、強い語調で驚かれた方もいるかなぁと思いました。
我が家で「やめ!」と使うのは2つの場面だけです。
それはプロレスがエキサイトしすぎてプロレスでなくなりかけた時
(時々はやらせますが、ムキになってギャウギャウ吠えたり歯がガツガツ当ったりしてきた時)と、
食べ物で争いをした時です。
これは家族の中で争う必要はないのだということを伝えて、安心してのんびりしていられる場を
こちらが与える必要があると考えているからです。
なので、今回はつい出てしまったという感じです。

ただ、始まってしまったらそれをおさめないとという気持ちが強く、
あんずには「今はそれをする時ではない、こちらを見なさい」というつもりで言いました。
叱りではなく指示の意味合いが強いかなぁと。

なので、「やめ!」は「ここぞという時」にしか使わず、普段は言いません。

(拾い食いなど)やめて欲しい時は名前を呼んでこちらに来させるとか、
「待~て」でそれ以上進まないようにしています。
コマンドが多いと私自身が混乱しそうなので「待て」はとてもいいなぁと思っています。

ネロさんがぱとらに対する「No」を言う場面はよくわからないのですが、
各家庭で何を止めさせたいのかそれぞれでしょうし、どう育って欲しいというのも各家庭で
それぞれの考え方があると思います。
その辺を踏まえて、あくまでも参考にしていただければと思います。

我が家では初めから「やめ!」でしたが、「No」をいきなり「やめ!」に変えると
ぱとらは混乱しないのかな?とも考えてみたり…。
2010/01/28(Thu) 15:41 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
すみれの親父さんへ
先日はお世話になりました。
ありがとうございました。

犬と体を使って遊ぼうと言うすみれの親父さんのお気持ち、とても嬉しかったです。
主さんも時々犬になって遊んでいますしね、それが犬と触れ合う醍醐味なのだと思います。

カンスケは最近になってやっとたまチリにプレイバウっぽい動きができるようになってきたところだったと思い出しました。
それでもまだあんず以外には興奮をうまくコントロールできない感じがします。
プレイバウしてそのまま靴をくわえて振り回し、はっとした顔をしてやめてまた静かになったりします。
警戒心も強いですし、ビビリですし。
そのあたりを踏まえて私たちも早く気がつけばよかったのだと思っています。
こちらこそ配慮が足りなかったなぁと反省しています。

なので、気になさらないで下さいね。

慣れてたらあんずと遊んでやってください。
夏になって薄着になる前に(笑)慣れてくれればいいですね。
あ、でも気が乗らない時はあっさり無視します(泣)
すみれの親父さんが犬になるところ、楽しみにしています!
2010/01/28(Thu) 15:08 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
ルークママさんへ
こんにちは。
毎度のことながら長いレポート読んでいただき、ありがとうございます。

>なるほど~。たまチリさん、どんな内面があるんだろう(爆)
え~と、そこがツボですか・・・。
あんな顔して皮膚が弱いとかあんなにゴツイのにちょっとの熱でダウンするとか・・・。(平熱が低い)
あとは辛子明太子は好きだけどタラコは嫌いとか・・・。
え、そうじゃないですか!?
本人は布団の中で「俺はデリケートなんだ」ともそもそ言ってます。
あ、あと見かけによらず血圧も低いです!

カンスケとあんずが一緒におやつを貰う時にあんずがガウガウ言うのは
「無視しておやつなし」で最近なくなってきたなぁと思っていたんですよ。
今回は距離を取ったり離しておやつをあげていたりしていたのですが、やっぱりガウしまして・・・。
それでつい出ました。
余程気迫が伝わったのか、さっと座って私を見ましたので、あんずも驚いたというかはっとしたのかなぁと思っています。
でも気がついてくれてよかったです。
我が家の中ではもうしばらくの間「やめ!」は言うことになるのでしょうが、年とって丸くなってしまったら物足りなくなるかもしれませんね(笑)。

あんず、陰で「オニババがさぁ…」なんてカンスケと話していたりするのかも知れません(笑)
そんな気がする・・・。
2010/01/28(Thu) 14:51 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
蓮音さんへ
こんにちは。
先日もメールもありがとうございました。

ももじはさりげなくだけどしっかり周りを見ていていろんなことを吸収しているのだと、
ももじの様子を見ていてわかりました。
これから(恋人犬の影響も受けて?)どう成長していくのか楽しみですね。
恋人犬の存在もすごく気になります。
どんなに魅力的なオスワンコなんでしょうね。
(見たことないだけに気になります 笑)
1歳ちょっと前のカンスケと仔犬だったあんずと一緒に暮らし始めて、
私たちが教えてあげられない犬のことをカンスケはよく教えてあげたと思っています。
性別も性格も違うワンコと一緒にいることで、自然にももじが学んでいったこと
なのではないかなぁなんて思いますよ。
そこにももじらしさが最近出てきて、犬の成長を見ているのは楽しいなぁと思っていました。

皆さんの記事を読むと、へぇと思うことがたくさんあっていいですね。
私たちも反芻してますよ。
確かに今回は頭数も多くて戸惑うことも多いかもしれませんね。
私も全てを見回す余裕もあまりなかったし、自分がリードを持っている犬は
まずしっかり見ようということだけ考えていたような気がします。
情報過多で混乱してしまいそうでも、他の方の記事や写真で振り返ることができますし、
今回は私にとってもとても実りのあるお散歩会になったと思っています。

若いオス犬が多いということや初対面で慣れていないという場面は今後も確かにあるかも
しれませんよね。
おやつのあげ方にしてもですが、そういう場面でどうしたらいいか考えて判断して行動することを
学んでいければいいなぁと私自身思っています。
緊張した場面もありましたが、過ぎたことは仕方ないとして今後に生かしていければいいかなぁと。

ガウガウした時のことですが、慣れていない興奮した犬に手を出すのは危ないということは
獣医さんにも聞いたことがあります。
始まる前にリードを持っている飼い主さんが気がついてうまく回避することが
できればいいのでしょうが、始まってしまったら気をつけないといけないところもありますね。

たまチリまで心配して頂きありがとうございます。
鬼の霍乱です(笑)。
次回も宜しくお願い致します。
2010/01/28(Thu) 14:23 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
ごうのお母さんへ
こんにちは。
ほんと、ゴロゴロでした(笑)
私がトイレに行っている間に皆さん出発していて、戻ってきたら残されたみんなはウンチしていたという貴重な場面でした。
それでもカンスケは昔なら下痢でしたので、普通にウンチができるというのも慣れた証拠なのかなぁとも思ったりして…。

あの写真、最初に集まっている時の写真だと思いますが、
離れていたのでまぁ落ち着いてはいるものの、釘付けでしたねぇ。

「ごうのおかあさん、お、おでは、たくさん犬がいるところは
こわいから、おっとうといっしょにあとからゆっくりあるきました。
だからだいじょうぶでしたよ
でも、さいしょにみんなあつまったときはどうしようかなぁ、かえろうかなぁとおもいました」

ごうくんの首も太くてがっちりしてますよね。
確かに首から肩にかけて似てるなぁと思いました。
でもカンスケの毛はシャンプーして1ヶ月たたないのにうすら汚れてます(泣)。
2010/01/28(Thu) 13:52 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
ごろごろ太さんへ
こんにちは。
今回も写真を載せたかったのと、自分の見た範囲のことなので、
知らないこともたくさんありますけどね(笑)

最後にガウガウしたのはごろじゃなかったんですね。
たまチリに聞いたら「茶色い仔だったよー」と言ってたので。
言われ慣れてないとびっくりしたかなぁとちょっと思いました。
それにしても習慣って怖いです(笑)
つい出ちゃいました。
我が家の様子はあんなんです。
次回も宜しくお願いしますね。
2010/01/28(Thu) 13:42 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
毅然・威厳
こんにちは~^^
いや、もう、いろいろとご相談にのって頂いているので、簡潔にコメを書きますね~。
※ …と言うか、もう反省の言葉しか出てこない (~_~;)


>「やめ!」がついつい出てしまいました

あんずがおとなしくなった時、思わず拍手しちゃいましたよー(皆さんもしてましたよね)。
ピシッと!伝え、その場を律する言葉。
毅然と威厳が感じられました。

ぱとらには「No!」と言ってましたが(最近は、Noが言えなくなりました…)、「やめ!」の方が言いやすいかも。
‘No’って、私的には「ダメぇぇぇぇー」の意味合いが強いので、焦りの気持ちから声が一層高くなっちゃうんですよね(^^ゞ
語尾も延びやすいし…。
Noと言えなかった場面で、言ってみます♪
2010/01/28(Thu) 12:46 | URL  | ネロ #K3VsDgnM[ 編集]
すいませんでした
カンスケにはほんとに悪い事してしまって申し訳ありません。
完全にあれは私のミスです。
ちょっとあの場が楽しくなり過ぎて、油断というかカンスケの性格とかその辺が一瞬とんでいました。
情けない話です。
ブログを読ませて頂いているのでもっと会った気になっていましたが、
よく考えればまだ3回目、しかもあんずではなくカンスケに遊びを誘うなんて。

あれから日々反省しております。
これからはもうちょっと気を引き締めて参加します。

カンスケすまんよ~!!!
2010/01/28(Thu) 00:59 | URL  | すみれの親父 #MpfEAIqg[ 編集]
詳しいレポート御苦労さまです!
画像も多くて楽しく読ませていただきました。
でも一番のツボは何と言っても ↓

>>外見の内面のギャップに弱いんだ自分、とわかりました(笑)

なるほど~。たまチリさん、どんな内面があるんだろう(爆)

実は・・・泣き虫、とか。それとも甘えん坊、とか?
あ~そんなことばっかり気になっちゃう(爆)

「やめ!」 良いと思います。
必要なときには、はっきりと、この場は人間が仕切ってんだゾ!という毅然とした態度を取ることは間違っていないと思いますv-398
2010/01/27(Wed) 22:12 | URL  | ルークママ #zkq1kUYk[ 編集]
レオ君,ナイスキャラだったんですね!
先日のメールと重複してしまいますが…
23日のお散歩会でも,お世話になりました。

ももじ,とても積極的になったと思います。
駐車場にワンコが到着する度に,「挨拶しに行かせてくださ~い」という意志を以前よりもずっと明確に示していました。

コタロー君からは,穏やかさと「オヤツをあげる人間の視界にきちんと入るのが,その人間に対する親切ってものなのさ」という思い遣りの心を。ごろー君からは,様々な遊びのテクニックと子供らしさを。カンスケ君からは,世の中には近づかれるのが苦手な犬もいるという事実を。あんずちゃんからは,犬として健全なハンター精神と全体を見渡す眼を。他にも一杯ありますが,他の常連パピー(若手)から,ももじが学んだことです。どの子が欠けても,今のももじはなかったと思います。本当に有難うございました。

それぞれに学んだことを上手く調和するように消化させてあげられず,一切が恋人犬任せになってしまったのは,飼い主として不徳の致すところです。色々と申し訳ありません…

私はいつもももじ+α程度しか観察できていないので,へぇこんなこともあったんだぁ等々,皆さんの記事を通して,反芻させて頂いています。

今回,事前に主さんに「固定メンバーばかりでは,オフ会の延長に過ぎなくなってしまうかも知れない…」等々と少し書かせて頂いてはいたのですが,実際に蓋を開けてみたら,単に頭数が増えた,以上に様々に学ぶものがありました。実際,私にとっても,ももじにとっても,このタイミングが最適だったと思います。参加したての頃からあの状況だったなら,情報が過多になって,飼い主,犬共々,何も学ぶ余裕が生まれなかったに違いありません。

オヤツ遣りをめぐる注意も含め,主さんが何を目の当たりにし,想定しながら,記事をお書きになっているのか,その一端が窺えたことも嬉しいことでした。

まぁ,少なくとも目下,日々のお散歩において,ああいう緊迫した状況が断続的に来る…といったことはありません。ももじ周辺に限らず,今後,「社会化」された犬が増えていくにつれ,ああいったガウガウの場面は減ってくる可能性はあるんでしょう。そのため,あの「予行演習」が遠い過去の語り種になる日もいつかは来るのかも知れないなぁ,とは思いつつ。

ガウガウの対処法,了解です。今回,ちょっと危ない止め方をしてしまっていたので,次回,生かしたいと思います。この次もよろしくお願いいたします。たまチリさんもどうぞお大事に!
2010/01/27(Wed) 21:01 | URL  | 蓮音 #BFJTYZbE[ 編集]
たくさんのワンコと飼い主さん。
ゴロゴロいて、でもリラックスした雰囲気でいい感じですね。
みんながあっちこっちでウンチを始めていたなんて、とてもほほえましい(笑)

オデ君(笑)は、オデよりも大きなワンちゃんがいて、その後は良かったですか?
あの、横からの首から肩にかけてごうに良く似ています。なにか考えてるんでしょうかね。
2010/01/27(Wed) 20:43 | URL  | ごうのお母さん #TQJJvfrU[ 編集]
お疲れ様でした
まとめてくださる方がいて助かりま~~~す(*^^*)
最後にあんずとガウガウしたのはごろーじゃないですねー。
たまさんの「やめ!」という素晴らしい静止を
笑って傍観してましたから。(笑)
またよろしくお願いします♪
2010/01/27(Wed) 20:08 | URL  | ごろごろ太 #yyKEoA6o[ 編集]
Keiさんへ
先日はお世話になりました。
遠いところ、ありがとうございました。

ずっとみんなの輪の中にいた訳ではないので文章は偏りがありますが、
写真を楽しんで頂けて嬉しいです。

慣れていないとやはりいきなり交流は難しいですよね。
Keiさんのお気持ち、よくわかります。
Keiさんが大丈夫と思った時でいいのではないでしょうか?
キシュウ君、とっても凛々しいのに甘えん坊でかわいくて…。
初めて会った私にもマッサージさせてくれたし、大満足です。

前回、自己紹介の時にレオ君が早く歩きたくて小枝をガジガジ噛んでいました。
ふと下を見るとカンスケもガジガジしていました。
2頭連れて行った散歩の途中で立ち話していると、2頭ともだんだん落ち着きがなくなってプロレス始めちゃいます。
それを見て早く歩きたいんだろうなぁと思いました。

キシュウ君と大吉君は守谷のSAでも一緒にいて慣れてからの参加だったからよかったのですね。
でもレオ君と3頭いても穏やかでとても不思議な反面通じるものがあるのかなぁと思いました。
あんずも以前甲斐犬のおこげちゃんと初めて会ったのにとても仲良く穏やかに過ごしていて、不思議だなぁと思いました。
本当に嬉しい誤算でしたね!

あ、でもクシャミは・・・。
クシャミした後、「やっぱやめた」と去っていくレオ君を寂しく見送りましたよ(笑)

カラバッシュ、今度ご一緒しましょう。
スパイスがすごく効いているわけでもないので始めての方も食べられると思いますよ。
接待役のたまチリは今ハライタで寝ていますが、「(アフリカ料理の)アチャケ食ってないから具合悪くなったのかなぁ」と言っていたので「アフリカに帰れば?」と言っておきました(笑)

 またご一緒できるのを楽しみにしていますね。
 宜しくお願い致します。
2010/01/27(Wed) 19:33 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
まきママさんへ
 今回はたまチリとカンスケが十分距離を取っていたので、写真を撮る余裕もあったようです。
 私も一人だったら写真まで気が回りませんねぇ。

 紀州犬3頭+1頭は本当に圧巻でした。
 でもみんな穏やかでそれもまた凄いと思いました。

 カンスケは最近モグラの穴をホリホリしていても、声をかけるとやめて戻ってきます。
 が!あんずは狩猟モードに入るとなかなか戻ってきません。
 いつか捕るんじゃなかろうかと、一緒に走って自由にさせてあげようとする反面、ドタドタと音を立てて周りの小動物に注意を促しています(笑)。

 コタくんも和犬の素質全開ですよ。
 主さんのブログで大笑いいました。
 思っていた以上に素っ気無かった・・・(笑)。
 あ、でもあんずも「おやつないよ」というとさっさといなくなります。

 くしゃみは・・・(泣)
 レオ君はクシャミした後に私からいなくなりました。
 「エライもん嗅いじまった」と思ってなきゃいいんですけど。
 
 ギャップがあるのかどうかわからないたまチリは、ノロウィルスにやられたようです。
 同じもの食べて側にいる私が何ともないのがちょっと怖いです。

 また宜しく願いしますね!
2010/01/27(Wed) 19:15 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
土曜日はありがとうございました!
わ~、写真がいっぱいで楽しいです!当日は周りが見られなかったから、こうして他の方のブログを見て、初めて知ることが多いです。

お散歩中はほとんど交流できなかったので(私がチキン過ぎるかと…)、雑談タイムにキシュウを撫でていただいたりして嬉しかったです!キシュウも私も徐々に集団に慣れていこうと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

「止まってしまうと興奮してしまう」ということがあるんですね!キシュウも長いこと立ち止っているとピーピー言い始めるのです。同じタイプかもしれません。常に歩き続けているのがいいのでしょうかね………。

紀州系3頭が落ち着いていられたのは、私にとっても不思議だったんですよ!大吉くんとは比較的長い時間を一緒に過ごしたのでそのせいかと思いますが、レオ君とは初対面だったのに。 嬉しい誤算でした!
そして私は、レオ君にくしゃみをされたたまさんが羨ましいです…^m^

カラバッシュは、興味大アリです!珍しい外国料理は大好きなんですよ~。口に合えば嬉しいし、合わなくても「この国の味覚はこうなのか~」で楽しいし。よかったらご一緒させてくださいね^^
2010/01/27(Wed) 14:48 | URL  | kei #GWUCrvXI[ 編集]
お疲れ様でした
今回は写真もたくさんあって、嬉しいです♪
何しろうちはほとんど写真が撮れなかったもので(^_^;)

紀州犬3頭(4頭?(笑))は圧巻でしたね。
それに猟犬系DNA(!)を色濃く残すカンスケくんに、あんずちゃん。
かっこいいなあ~憧れるな~・・・それを見ると、
「ちょっとコタロー、そこに正座しなさい。
おまえ、和犬の気構えはどこにおいてきちゃったんだい?」
と説教したくなりますが、まあ個体差ってことで大目に見ることにします。

>外見の内面のギャップに弱いんだ自分、とわかりました(笑)

そうか、たまチリ殿は、ギャップがあるのね(笑)

そうそう、犬って確か嬉しい時・興奮した時に(軽い)くしゃみを連発しますよね?(ん?違う?)
レオくんったら、たまさんに興奮したのねv-238
2010/01/27(Wed) 14:40 | URL  | まきママ #FiPkFC0s[ 編集]
ぽちんちのママさんへ
今回の写真は全てたまチリが撮りました。
午前中で明るかったのでよく写っていたみたいですよ。
いい顔したワンコがたくさんいて、つい写真を載せたくて長~い記事になってしまいました。

文章、わかりやすかったですか?
今回はカンスケは最後尾、あんずも興奮してしまう時は群れから離していましたので、
他のワンコとは密接に触れ合うことは少なかったです。
なので、見た範囲でのことを書いていますよ。

主さんと編集長代理さん(笑)が犬まみれになっているところ、私も写真を見て
とても嬉しくなりましたよ。

カンスケはまずは無理させないで安心できる場所を作ることを考えていたので
他のワンコと触れ合わなくてもいいと思っています。
でも(あんずもですが)他の犬がたくさんいるところでも落ち着いていられるのも
大事だと思っていますし、そうできるような私たちの努力はずっと続くのかなぁと
思っていますよ。

たまチリ、結局仕事を休んで唸って寝ています。
水曜日は休診の病院が多くて何とか見つけた病院にこれから行ってもらいます。
吐いたりはしないのですがとにかくひどい下痢と腹痛です。
まついゆうじんがん、我が家の周りの薬局には置いていなかったので余計に
手に入れたくなりました(笑)。
2010/01/27(Wed) 14:13 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
こぎママさんへ
こんにちは。
今回はもも姉さんにガウガウしたのは少なかったようですね。
やはり何回も通った場所というのもあると思いますし、
あとは距離を十分にとっていたからかなぁと。
それでもこぎママさんの声にはっとできるようになり、
他の人の声も聞けるようになったのだと思うと嬉しいです。

あ、クシャミのことは…(泣)
素直な反応でそれが正直なところなんでしょうけど…。

こちらこそ、またご一緒した時は宜しくお願いします。
2010/01/27(Wed) 12:08 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
たまさん、大作の記事ですね。
細かく書いてあり、とても分かり易く、何より犬への愛情が溢れ出ていて… じーんときました。
編集長代理さんが犬まみれになっているところでは、何だかうるうるしてしまいました。
写真はカメラ2台で?
すごく素敵なお散歩道の記事ですね。さすがたまさん!

カンスケもあんずもたまさん、チリ殿が心をあわせて手招きしている方にズンズン進んでいるのが、よくわかります。
2010/01/27(Wed) 10:19 | URL  | ぽちんちのママ #i71gHzAs[ 編集]
こんばんは♪土曜日は送迎までしていただいてありがとうございました。
レオ君のあのくしゃみ、なんだったんでしょうね~(爆)
カンスケは、「かんしゅけ~♪」ってよぶと、はっっっっっと我に返っていましたよ。ももを見ると一瞬う゛、お、おで、どうしよう、という顔をしていましたが。前回の小田原のときよりは数段落ち着いていたように思います。ももがちょっかいを出さなかったせいだけではなく。ホームは落ち着くのかなぁ?

次回もまたよろしくお願いいたします<(_ _)>
2010/01/26(Tue) 22:26 | URL  | こぎママ #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。