柴犬のカンスケとあんず、たまとたまチリの暮らしを紹介します(一時期グリ日記)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 2月13日(土)小雪

 先日、「ちいちい散歩」の記事で北園森林公園と守谷城址公園でお散歩したことを
アップしたところ、偶然にも「つくばお散歩会」でよくご一緒するももじと飼い主の蓮音さんも
この公園にいらしていることが判明しました。
 
 ももじの避妊手術が18日と迫っていること、暖かくなると草がぼーぼーになるという
蓮音さんの情報から、早めに一度お散歩したいと思い、今回の運びに・・・。

 2組3頭での「守谷お散歩会」です。

 この日は小雪が舞い、ちょっと寒かったので(ヘタレな私たちは)車で城址公園の駐車場へ。
 蓮音さんとももじの方がちょっと先に着いて外で出ていました。

 ももじは私たちの車を見つけると一目散に駆けてきて、車の周りをぐるぐると駆け回り
歓迎してくれました(笑)
 カンスケもあんずもももじがいる!とわかったようで、見てはいますが吠えませんでした。
 でも、早く出してー!!!と・・・。

 あんずとももじは匂いを確認して歩き出します。
 駐車場で虎毛?の模様のワンコと出会いました。(茶と黒でほんとに虎っぽい)
 1歳くらいのオスワンコで、保護犬だそうです。
 あんずはちょっと怖かったのかな、頭を低くして目を合わせずに挨拶していました。
 ももじも挨拶して、北園森林公園へ向かいました。

 
 ここはももじのホームコースというだけあって、ものすごくリラックスしていて元気です。
 いつものちょっと控えめなももじもかわいいのですが、元気いっぱいのももじもとても
いいと思いました。

 寒いのと守谷城址公園は濡れていると足場が悪いのとで、北園森林公園をのんびり散策。
 雑木林もあって、落ち葉がたくさん落ちています。
 ももじとあんずはちょっとした崖の方をのぞいたり、腐葉土を作っていると看板が出ている
シートの周りの匂いを嗅いだり・・・。

 プロレスもしました。
 ももじが足をあげたり、ぐるぐる走り回ったり・・・。
 エキサイトしてきてももじがちょっとおなかを出すと、あんずはそこでやめて、
ももじが立ち上がるのを立って待っています。
 そしてまたプロレスを再開。
 安心して見ていられます。
 どすこいと立ち上がって組み合うことはありませんでしたが、結構走りまわりました。
 
 そしてまた歩き出すと、あちこちに土が盛り上がっています。モグラの穴です。
 ここからは「第1回守谷穴掘りの会」になりました(笑)。

 ももじ モグラの穴が気になります
 モグラの匂いがするの・・・。


 ずんずん穴を掘ります
 モグラ探すの・・・。


 顔がドロドロです(笑)
 泥ついちゃった。


 あんずは匂いを嗅いで歩くだけ
 あんずは家の庭だと穴掘りしますが、外ではフンフンと匂いを嗅ぐだけです。


 ももじ あっちこっち掘ります
 あっちもこっちも匂いがするの・・・。


 もう止まりません(笑)
 もう止まらないの・・・。


 カンスケも掘り始めました
 お、おでも掘ります。


 穴堀り隊です
 穴堀隊の誕生です。
 たまチリ:「徳川埋蔵金出てこないかなー」
 歩かなくても何かに夢中になっていれば近くに犬がいても平気らしいカンスケ(笑)


 シンクロ穴堀 男女混合の部
 ももじとカンスケのシンクロ穴堀り。


 カンスケ ドロドロになりました
 いやぁ、いい競技だった(???) 


 ももじ 鼻がチョコラブ状態です(笑)
 楽しかったの・・・。
 (鼻だけチョコラブなももじ でもぶるぶるすると大抵の土は取れちゃいますね)


 カンスケはあまり近いとももじに吠えてしまいましたが、2mくらいならば近くにいても
吠え掛かったりもせずにいました。
 ももじはカンスケが緊張すると気になるのか、時々様子を見ています。
 ももじの優しい性格が出ているのかな。
 小さい時から他の犬といることに慣らした蓮音さんの取り組みが出ているのかな。
 小田原でもこうして気にしてくれるわんこさんがいますしね、嬉しいですね。

 1時間半くらいのお散歩でしたが、静かな公園でリラックスして一緒に遊んだり、穴掘り
したりと犬らしい行動を見ることができました。
 
 ももじは子どもさんにも慣れていて、遊具にも怖がることなく近づいて行きます。
 カンスケはちょっと怖いようで、あまり近づきません。
 階段もちょっと登ったくらいでした。

 草ボーボーになる前にまたお散歩したいと思います。
 
 蓮音さん、ももじ、ありがとうございました!!

【2010/02/16 10:49】 | お散歩会・各地トレーニング・お散歩
トラックバック(0) |

蓮音さんへ
たま
土曜日は楽しいひと時をありがとうございました。

土曜は寝坊してしまってワタワタと出発したので、焦ってメールを出してみたり、駐車場を移動してみたりと落ち着いていなった私たちで・・・。
我が家は近場だと軽自動車で移動しています。
2頭なので後部座席にドライブシートをつけていますが、確かにカンスケは到着すると前の座席に顔を出してくるのでシートベルトが引っ張られて外すのに苦労します。
出す時には待てもきかずぐいぐいと出てきますし、注意は必要だなと感じています。
長距離移動だと大きい方の車にクレートを乗せてそこに入れてしまうのですぐに寝てしまい、いいのですが、後部座席に乗せるならワンコ用のシートベルトは専用の物が車のメーカーからも出ていますし、専用品がいいのだろうと私も思っています。

カンスケ・・・確かにももじがぐるぐる回っていた時に目が離せない状態でした。
それに蓮音さんの仰るとおり、近づくな!というのと嬉しい!の中間くらいでしたね。
たまチリとも話しましたが、あんずを遊ぶ時に誘うデカイ声みたいだと思いました。
ただ、カンスケはまだうまく遊べなくて興奮しすぎてしまったり、その興奮をなかなか抑えられなかったりということがあるので、あんず以外のワンコさんとは遊ばせられないなぁというのが現状です。
あの声で吠えながらプレイバウしたら、またすごいなぁと思います。
おやつを貰って食べられるというのも、カンスケにとっては優しい女性が大好きだからなのですが(笑)。
ももじのリードを私かたまチリが預かって蓮音さん一人でカンスケに近づいてゆっくり匂いを嗅がせて頂ければ、カンスケは抱きついたと思います(笑)
こぎママさんは「レバーの母」なのですが、もも姉さんの猛烈かつ直球のアタックに戸惑っていて(笑)、もも姉さんが近づくと吠えるという状況です。
1mまで近づいて吠えなかったというのは私も驚きです。
噛みに行く以外は自分から近づくこともないです。
おそらくカンスケにとっては、ももじは怖くない存在、周りにいても冷静でいられる存在になりつつあるのではないかと思っています。
急に近づければまたガウ!としたりするかもしれませんが、今回のように自然に徐々に慣れしていけばいいのかもしれません。
また、蓮音さんがももじと一緒にいるということで、ももじ自身の安心感を感じて緊張状態にならないのかもしれないなぁとたまチリも言っています。
こればかりは人が無理に近づけたところでどうにもなるわけでもないので、焦らずにゆっくりやっていこうと思っています。
犬は犬同士で感じる相性もあっていくら飼い主同士が仲良く話してもだめだったりする時もありますが、飼い主同士が話をしていてよくコミュニケーションが取れていると、犬も安心する時もありますしね(近所の人に挨拶して話をすると犬も警戒が解けるとか・・・)。
カンスケはまだ犬とのコミュニケーションがよく取れないので人を見て判断しているのかもしれませんね。

あんずもカンスケも表情がはっきりしている方だとは思いますが、ももじも(特に今回は)表情が豊かで柔らかいと思いました。
意思表示もはっきりしてると思います。
あと、あんずがよく笑うように見えるのは、口のマスクが唇の線のようになっているからかもしれません。
小さい頃はなんでいつも笑っているんだろうと思っていましたが、よく見たら黒い毛が笑っている線のようになっているだけだったということに気づいたことがありました(笑)
「仕方ないわねぇ」と遊んであげたわりには、ももじが「ちょっとタイム」というほどガウガウしていましたねぇ(笑)
ももじとあんずがよくコミュニケーションをとっていて、とても安心して見ていられました。
ももじは遊び上手ですね。
あの遊びを見てカンスケは一緒に遊ぼうと乱入しそうになったそうです。(たまチリ 談)
(今はまだ乱入させられませんけどね)

ももじの穴掘りは確かにみんなで吹き出しましたね。
でも、写真を見ているとこんな感じかなと思ってしまって…。
あんずがおてんばならももじはお茶目というのがぴったりだと思います。
いつもはカンスケの(豪快な)穴掘りばかりなので、コツコツ掘るももじがかわいらしく見えました。

たまチリも「ももじは今日は特にかわいかったなぁ・・・」と喜んでいますし、私ものんびりとお散歩できて楽しかったです。
寒かったのは人間だけでワンコたちは楽しそうだったのが何よりでした。
またご一緒していただければ幸いです。
ももじの調子をみて、また宜しくお願いします。
ありがとうございました!

追伸1> たまチリより
軟骨も枝豆もそぼろ大根も大好物です。
いつかご一緒しましょう!

常磐道下の大利根運動公園、今度調べて行ってみます。浮沈橋も気になります。
いい場所を教えていただいてありがとうございました!

こちらこそ有難うございました!
蓮音
こんばんは,土曜日は有難うございました。
因みに,遅刻してしまったのは私たち,の方ですね。
たまさんから携帯メールを頂戴した頃,丁度,八坂神社を通過した処でした。
なかなか返信のタイミングを見つけられなかったため,まずは北駐車場に向かったのですが……,生憎,いつものお車を見つけられなかったのです。それで大きい方の駐車場に移動。たまさん達が別のお車でお越しになっていたこと,その後で漸く気がつきました。
すみません。

★軽自動車での移動について
たまチリさんが仰有っていた様に,確かに後ろのトランクスペースが広いタイプの方が便利かも知れません。
私も,以前は後部座席に座らせていたのですが,少し不便を感じる処があったので,トランクスペースに移動してもらいました。
ワンコは目的地に着いて,嬉しくてうずうず。どうしても早く出たくて,前ドアに身を乗りだしてきてしまうんですね。するとシートベルトが引っ張られて,人間は,狭い空間でワンコを金具から外すのに余計に手間取る結果に。
「待て」をかけても,根本的な解決になりませんでした。
トランクスペースに移動してもらって以降のももじは,到着して飼い主が車から降りてからも,トランクスペースを開けない限りは大人しく待ってくれるようです。

因みに近場なので普段のハーネスのままで乗せましたが,高速等に乗る可能性がある場合は,最低限,ちゃんとしたドライブハーネスを装着すべきかも知れません。
確かフリースラインドハーネスもドライブハーネスとしては使えません,と本家のHPに書かれていたように思います。

★カンスケ君について気がついた点としては……
・ももじが車の周りをぐるぐる回っていた時,車の窓ガラスにふにゃっと顔を押しつけたり,前ドアに身を乗りだしながら,ももじの姿を”より積極的に”ばたばたと追ってくれたのは,カンスケ君の方。
・ももじと最初に接近した時,ワン!と一声,吠えたけれど,ずっと前に聞いた声と違って,声が優しかった(?巧い表現が判りませんが,「近づくな!」のワン!と嬉しいワン!の中間位の声色に聞こえました)
・たまさんの手から,私のオヤツを食べてもらった処,「おお~!」と,私の方に注意を向けてくれた
・その後,ももじと1m位まで接近しても吠えなかったし,自分からももじに70cm位の距離まで接近してくれた(遊具施設の前辺り。これ以上の距離に近づいたかどうかは,両飼い主がリードを少し引っ張っていたので,判りません)

以上4点でした。
お散歩会でもこぎママさん&もも姐さんペアにもっとも慣れている事と,今回のオヤツ後の変化を踏まえると,カンスケ君は,<手作りオヤツをくれる人=いい人→その飼い犬=いい奴>みたいな解釈ができる子,の可能性があるのかな,と思いました。ももじの恋人からは逆に,<ワンコ的にいい奴→その飼い主=安全な人>という順序で物を捉えている感じがあるような印象を受けています。

★あんずちゃんについては
安定感があって素敵だなぁということ。特に印象に残るのは,やっぱり笑顔です。カンスケ君もいつも笑ってくれていますね。ももじは2匹に比べたら笑顔が少ないです(>_<)。ですから,飼い主として,やはりたまさん&たまチリさんには叶わないな,と感じます。

次に印象に残ったのは……最初,思いもかけずももじから何度も遊びに誘われて,正直,困っている風があったのですが,最後は「仕方ないわねぇ」と遊びにつきあってくれたこと。年上の女の子の包容力ある優しさを感じた気がします。

★ももじについて
そう,穴掘り,大好き♪(~o~)です。
現場では,もっとこう……ぶさっと頗る大真面目な顔をみて,皆,吹きだしたといった処だったと記憶しているのですが……,とっても不思議ですね。ほんわかと優しい雰囲気の写真と可愛らしい添え書きを見ているうちに,彼女がとてもお淑やかに穴掘りしていたかのように錯覚してしまいました。これぞたまさんマジックというか。
因みに,穴掘り競争の勝者はカンスケ君だと思います。彼,後から掘り始めたのに。そしてももじよりも身体が小さいのに。マズルと前両足を効果的に用い,豪快な掘りで一気に掘り距離(?)を稼ぎだしておられました。(*^_^*)

今回は,小雪のぱらつく中,お茶目な地元ももじにおつきあい下さり,本当に有難うございました。
たまチリさんには,体調を崩された直後の週末に何度も出動をお願いすることになりました。たまさんには午前,午後と立て続けに外出をお願いする羽目に。
気がついてみれば200m位しか歩いていないのでは?という位,移動が少なかったお散歩会でしたが……,お2人にとっても,まったあんずちゃん&カンスケ君にとっても,少しでも楽しめる内容だったなら,とても嬉しいです。

追伸1> たまチリさんへ
私,お酒は余り嗜みませんが,居酒屋メニューは大好きです。(^^)/~~~
軟骨も枝豆もそぼろ大根も!

追伸2> ネロさん,いろいろ模索しておられるんですね。ぱとらのお散歩,もし広い場所がリードを捌きやすいのでしたら,緑地公園はいいかも知れません。たまさんのお宅からでしたら常磐道下の大利根運動公園も選択肢の1つになるでしょうか?アジリティの競技会場でもあるそうなので,犬の脚に優しそう,と思っています。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
蓮音さんへ
土曜日は楽しいひと時をありがとうございました。

土曜は寝坊してしまってワタワタと出発したので、焦ってメールを出してみたり、駐車場を移動してみたりと落ち着いていなった私たちで・・・。
我が家は近場だと軽自動車で移動しています。
2頭なので後部座席にドライブシートをつけていますが、確かにカンスケは到着すると前の座席に顔を出してくるのでシートベルトが引っ張られて外すのに苦労します。
出す時には待てもきかずぐいぐいと出てきますし、注意は必要だなと感じています。
長距離移動だと大きい方の車にクレートを乗せてそこに入れてしまうのですぐに寝てしまい、いいのですが、後部座席に乗せるならワンコ用のシートベルトは専用の物が車のメーカーからも出ていますし、専用品がいいのだろうと私も思っています。

カンスケ・・・確かにももじがぐるぐる回っていた時に目が離せない状態でした。
それに蓮音さんの仰るとおり、近づくな!というのと嬉しい!の中間くらいでしたね。
たまチリとも話しましたが、あんずを遊ぶ時に誘うデカイ声みたいだと思いました。
ただ、カンスケはまだうまく遊べなくて興奮しすぎてしまったり、その興奮をなかなか抑えられなかったりということがあるので、あんず以外のワンコさんとは遊ばせられないなぁというのが現状です。
あの声で吠えながらプレイバウしたら、またすごいなぁと思います。
おやつを貰って食べられるというのも、カンスケにとっては優しい女性が大好きだからなのですが(笑)。
ももじのリードを私かたまチリが預かって蓮音さん一人でカンスケに近づいてゆっくり匂いを嗅がせて頂ければ、カンスケは抱きついたと思います(笑)
こぎママさんは「レバーの母」なのですが、もも姉さんの猛烈かつ直球のアタックに戸惑っていて(笑)、もも姉さんが近づくと吠えるという状況です。
1mまで近づいて吠えなかったというのは私も驚きです。
噛みに行く以外は自分から近づくこともないです。
おそらくカンスケにとっては、ももじは怖くない存在、周りにいても冷静でいられる存在になりつつあるのではないかと思っています。
急に近づければまたガウ!としたりするかもしれませんが、今回のように自然に徐々に慣れしていけばいいのかもしれません。
また、蓮音さんがももじと一緒にいるということで、ももじ自身の安心感を感じて緊張状態にならないのかもしれないなぁとたまチリも言っています。
こればかりは人が無理に近づけたところでどうにもなるわけでもないので、焦らずにゆっくりやっていこうと思っています。
犬は犬同士で感じる相性もあっていくら飼い主同士が仲良く話してもだめだったりする時もありますが、飼い主同士が話をしていてよくコミュニケーションが取れていると、犬も安心する時もありますしね(近所の人に挨拶して話をすると犬も警戒が解けるとか・・・)。
カンスケはまだ犬とのコミュニケーションがよく取れないので人を見て判断しているのかもしれませんね。

あんずもカンスケも表情がはっきりしている方だとは思いますが、ももじも(特に今回は)表情が豊かで柔らかいと思いました。
意思表示もはっきりしてると思います。
あと、あんずがよく笑うように見えるのは、口のマスクが唇の線のようになっているからかもしれません。
小さい頃はなんでいつも笑っているんだろうと思っていましたが、よく見たら黒い毛が笑っている線のようになっているだけだったということに気づいたことがありました(笑)
「仕方ないわねぇ」と遊んであげたわりには、ももじが「ちょっとタイム」というほどガウガウしていましたねぇ(笑)
ももじとあんずがよくコミュニケーションをとっていて、とても安心して見ていられました。
ももじは遊び上手ですね。
あの遊びを見てカンスケは一緒に遊ぼうと乱入しそうになったそうです。(たまチリ 談)
(今はまだ乱入させられませんけどね)

ももじの穴掘りは確かにみんなで吹き出しましたね。
でも、写真を見ているとこんな感じかなと思ってしまって…。
あんずがおてんばならももじはお茶目というのがぴったりだと思います。
いつもはカンスケの(豪快な)穴掘りばかりなので、コツコツ掘るももじがかわいらしく見えました。

たまチリも「ももじは今日は特にかわいかったなぁ・・・」と喜んでいますし、私ものんびりとお散歩できて楽しかったです。
寒かったのは人間だけでワンコたちは楽しそうだったのが何よりでした。
またご一緒していただければ幸いです。
ももじの調子をみて、また宜しくお願いします。
ありがとうございました!

追伸1> たまチリより
軟骨も枝豆もそぼろ大根も大好物です。
いつかご一緒しましょう!

常磐道下の大利根運動公園、今度調べて行ってみます。浮沈橋も気になります。
いい場所を教えていただいてありがとうございました!
2010/02/16(Tue) 22:35 | URL  | たま #mQop/nM.[ 編集]
こちらこそ有難うございました!
こんばんは,土曜日は有難うございました。
因みに,遅刻してしまったのは私たち,の方ですね。
たまさんから携帯メールを頂戴した頃,丁度,八坂神社を通過した処でした。
なかなか返信のタイミングを見つけられなかったため,まずは北駐車場に向かったのですが……,生憎,いつものお車を見つけられなかったのです。それで大きい方の駐車場に移動。たまさん達が別のお車でお越しになっていたこと,その後で漸く気がつきました。
すみません。

★軽自動車での移動について
たまチリさんが仰有っていた様に,確かに後ろのトランクスペースが広いタイプの方が便利かも知れません。
私も,以前は後部座席に座らせていたのですが,少し不便を感じる処があったので,トランクスペースに移動してもらいました。
ワンコは目的地に着いて,嬉しくてうずうず。どうしても早く出たくて,前ドアに身を乗りだしてきてしまうんですね。するとシートベルトが引っ張られて,人間は,狭い空間でワンコを金具から外すのに余計に手間取る結果に。
「待て」をかけても,根本的な解決になりませんでした。
トランクスペースに移動してもらって以降のももじは,到着して飼い主が車から降りてからも,トランクスペースを開けない限りは大人しく待ってくれるようです。

因みに近場なので普段のハーネスのままで乗せましたが,高速等に乗る可能性がある場合は,最低限,ちゃんとしたドライブハーネスを装着すべきかも知れません。
確かフリースラインドハーネスもドライブハーネスとしては使えません,と本家のHPに書かれていたように思います。

★カンスケ君について気がついた点としては……
・ももじが車の周りをぐるぐる回っていた時,車の窓ガラスにふにゃっと顔を押しつけたり,前ドアに身を乗りだしながら,ももじの姿を”より積極的に”ばたばたと追ってくれたのは,カンスケ君の方。
・ももじと最初に接近した時,ワン!と一声,吠えたけれど,ずっと前に聞いた声と違って,声が優しかった(?巧い表現が判りませんが,「近づくな!」のワン!と嬉しいワン!の中間位の声色に聞こえました)
・たまさんの手から,私のオヤツを食べてもらった処,「おお~!」と,私の方に注意を向けてくれた
・その後,ももじと1m位まで接近しても吠えなかったし,自分からももじに70cm位の距離まで接近してくれた(遊具施設の前辺り。これ以上の距離に近づいたかどうかは,両飼い主がリードを少し引っ張っていたので,判りません)

以上4点でした。
お散歩会でもこぎママさん&もも姐さんペアにもっとも慣れている事と,今回のオヤツ後の変化を踏まえると,カンスケ君は,<手作りオヤツをくれる人=いい人→その飼い犬=いい奴>みたいな解釈ができる子,の可能性があるのかな,と思いました。ももじの恋人からは逆に,<ワンコ的にいい奴→その飼い主=安全な人>という順序で物を捉えている感じがあるような印象を受けています。

★あんずちゃんについては
安定感があって素敵だなぁということ。特に印象に残るのは,やっぱり笑顔です。カンスケ君もいつも笑ってくれていますね。ももじは2匹に比べたら笑顔が少ないです(>_<)。ですから,飼い主として,やはりたまさん&たまチリさんには叶わないな,と感じます。

次に印象に残ったのは……最初,思いもかけずももじから何度も遊びに誘われて,正直,困っている風があったのですが,最後は「仕方ないわねぇ」と遊びにつきあってくれたこと。年上の女の子の包容力ある優しさを感じた気がします。

★ももじについて
そう,穴掘り,大好き♪(~o~)です。
現場では,もっとこう……ぶさっと頗る大真面目な顔をみて,皆,吹きだしたといった処だったと記憶しているのですが……,とっても不思議ですね。ほんわかと優しい雰囲気の写真と可愛らしい添え書きを見ているうちに,彼女がとてもお淑やかに穴掘りしていたかのように錯覚してしまいました。これぞたまさんマジックというか。
因みに,穴掘り競争の勝者はカンスケ君だと思います。彼,後から掘り始めたのに。そしてももじよりも身体が小さいのに。マズルと前両足を効果的に用い,豪快な掘りで一気に掘り距離(?)を稼ぎだしておられました。(*^_^*)

今回は,小雪のぱらつく中,お茶目な地元ももじにおつきあい下さり,本当に有難うございました。
たまチリさんには,体調を崩された直後の週末に何度も出動をお願いすることになりました。たまさんには午前,午後と立て続けに外出をお願いする羽目に。
気がついてみれば200m位しか歩いていないのでは?という位,移動が少なかったお散歩会でしたが……,お2人にとっても,まったあんずちゃん&カンスケ君にとっても,少しでも楽しめる内容だったなら,とても嬉しいです。

追伸1> たまチリさんへ
私,お酒は余り嗜みませんが,居酒屋メニューは大好きです。(^^)/~~~
軟骨も枝豆もそぼろ大根も!

追伸2> ネロさん,いろいろ模索しておられるんですね。ぱとらのお散歩,もし広い場所がリードを捌きやすいのでしたら,緑地公園はいいかも知れません。たまさんのお宅からでしたら常磐道下の大利根運動公園も選択肢の1つになるでしょうか?アジリティの競技会場でもあるそうなので,犬の脚に優しそう,と思っています。
2010/02/16(Tue) 19:50 | URL  | 蓮音 #BFJTYZbE[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。