柴犬のカンスケとあんず、たまとたまチリの暮らしを紹介します(一時期グリ日記)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 (あんず特集なんて言ってましたがちょっとその前に・・・)

 たま家の散歩コースは何パターンかあります。
 一番小さいのが「基本コース」で1周20分くらい。
 ここは夜のオシッコ散歩に行く時に使います。
 で、この「基本コース」を徐々に拡大して行って「Pコース」とか「Sコース」とか、
もっと大きい「中周回」・「大周回」・「S大周回」とかもあります。
 ま、私とたまチリで話しているうちに便宜上付けられていった名前です。
 朝の散歩はだいたい「大周回コース」で、夕方は「S大周回コース」です。(Sはスペシャル)

 「S大周回コース」を散歩している時に会うワンコがいます。
 茶色のでかいワンコです。
 私自身犬の名前を知らないもので、見かけはラブっぽいけど大きさはエアデールテリアくらい。
(比較がそれしかわからなかった・・・)
 毛が短い茶色のワンコです。顔の大きさはたまチリよりも大きいかもしれません。

 で、このワンコが私たちを見ると吠えて暴れます(笑)。
 今までカンスケを落ち着かせるのに精一杯で話しはおろか挨拶もよくできていませんでした。
 茶ワンコの飼い主さん(男性)も引きずられそうになっていっぱいいっぱいです。
 なもんで、すれ違いそうになるとお互いが道を変えて歩くのでお話もできませんでした。

 この日の夕方散歩も「S大周回コース」で、ほぼ折り返しのあたりの道を歩いていた時のこと。
 向こうから茶ワンコが歩いてくるのが見えたので、私たちは用水路(幅2mくらいの川)を挟んで
反対側のあぜ道を歩いていました。
 用水路(ナントカ堰というらしい)にはフェンスも張ってあります。
 これくらい離れていれば大丈夫だしと思い、テクテクと・・・。
 近くに来ると、茶ワンコがやっぱり踊っています(笑)。

 いつも声もかけられないまますれ違ったり距離を取ったりしていたので、向こうはさぞかし不愉快に
思っているだろうなぁと思っていたので「いつもすみません」と声をかけてみました。
 すると茶ワンコの飼い主(おじさん)も「いやぁ、こっちこそ・・・」と。
 少しだけお話できました。

 茶ワンコはメスだということ、吠えちゃって暴れるのは本当は遊びたくて仕方がないからだという
ことなど・・・。
 茶ワンコは用水路のフェンスから顔を出し、よだれがこっちまで飛んできそうなくらいの勢いで
ヒャンヒャン吠えながら踊っています(笑)。
 
 カンスケも興味があるので用水路のフェンスに前足をかけて精一杯見ようとしますが、小さいのと
こちら側の方が少し低いのでやっと見えるか見えないかくらいです(笑)。
 吠えて「あっちに行け!」と威嚇するのではないところを見ると、もしかしたら茶ワンコはシーズン
だったのかな?とも思いました。
 あんずは・・・一切興味を持たず匂い嗅ぎ。見えないからかな?
  
 そして「こっちの緑のハーネスのワンコ、他のワンコが苦手で吠えちゃうんです。すみません」と
やっと伝えることができました。
 そして「遊びたいんだ~、遊べなくてごめんねぇ~」と挨拶?して別れました。
 カンスケは結局見ているだけで吠えませんでした。

 とにかく少しだけでもお話できてよかった。
 茶ワンコの飼い主さんがいつも苦虫を噛み潰したような顔をしているのも、理解できました。

 後日、狭い道ですれ違いそうになった時は向こうが道を変えてくれました。
 遠くからでも私がお辞儀をするとおじさんもお辞儀してくれます。
 それだけでもなんだか嬉しいです。
 
 近所にはお散歩仲間はいないけど、こういうのもありなのかな?

 あ!茶ワンコの名前聞くの忘れた・・・。ぐす。 

 ※お散歩仲間はいないけど、その人の家の前を通らないと不機嫌になるおじさんはいます(笑)。

・・・・・

 スリスリ
 いつもプロレスする広場で急にスリスリしはじめたカンスケ。


 あんずはスリスリしたことないです
 あんずは気にもしないです・・・。


 堪能しました
 堪能したようです。

 スリスリの正体は不明・・・。   
・・・ちょっと恥ずかしかったこと・・・

 先日、ワクチン接種と(一応)あんずの尿検査のためにデレデレ病院に行きました。
 以前、いつもの先生でない女医さんが担当だった時があり、やっぱりいつもの女医さんの方が
カンスケもデレデレするので「I先生、女性の先生お願いできますか?」と聞きました。
 
 診察室に入るとI先生が「あら~、カンちゃん、こんにちは♪」と・・・。
 (この時点であんずは呼ばれてなかった 爆)
 体重を量りましたが診察台の上でヘソ天になりそうなのを押さえていました。
 「いやぁ、カンスケは女の人が大好きで・・・」と言っている間も、うひひひひとご満悦です。
 
 聴診器を当てると先生が笑っています。
 「ホントにリラックスしてるのねえ、普通は少しは緊張するものなのに平常の心拍数です」だって。
 触診されてさらにデレデレになり、しまいにゃ看護士さんの胸に顔を埋めて撫でられ手にアゴを
乗せて寝ていますよ。
 たまチリがガマンできなくなり「このエロ柴!」と言っていました。
 決して飼い主に似たわけではないというのを強調したかったらしいです(爆)

 私が顔を覚えていない看護士さんに「カンちゃん元気ですか?」なんて言われるところをみると、
1年前のお泊りの時に相当なにかしたのか・・・。

 2頭ともワクチンを打っても泣きもせずに終わりました。(見せなきゃ大丈夫) 
 あんずの尿検査も問題なく一安心です。
 そんなにくることがない病院ですが、嫌われるよりはいいので次回もこんな感じで頼みますよ。

 


追記を閉じる▲
・・・ちょっと恥ずかしかったこと・・・

 先日、ワクチン接種と(一応)あんずの尿検査のためにデレデレ病院に行きました。
 以前、いつもの先生でない女医さんが担当だった時があり、やっぱりいつもの女医さんの方が
カンスケもデレデレするので「I先生、女性の先生お願いできますか?」と聞きました。
 
 診察室に入るとI先生が「あら~、カンちゃん、こんにちは♪」と・・・。
 (この時点であんずは呼ばれてなかった 爆)
 体重を量りましたが診察台の上でヘソ天になりそうなのを押さえていました。
 「いやぁ、カンスケは女の人が大好きで・・・」と言っている間も、うひひひひとご満悦です。
 
 聴診器を当てると先生が笑っています。
 「ホントにリラックスしてるのねえ、普通は少しは緊張するものなのに平常の心拍数です」だって。
 触診されてさらにデレデレになり、しまいにゃ看護士さんの胸に顔を埋めて撫でられ手にアゴを
乗せて寝ていますよ。
 たまチリがガマンできなくなり「このエロ柴!」と言っていました。
 決して飼い主に似たわけではないというのを強調したかったらしいです(爆)

 私が顔を覚えていない看護士さんに「カンちゃん元気ですか?」なんて言われるところをみると、
1年前のお泊りの時に相当なにかしたのか・・・。

 2頭ともワクチンを打っても泣きもせずに終わりました。(見せなきゃ大丈夫) 
 あんずの尿検査も問題なく一安心です。
 そんなにくることがない病院ですが、嫌われるよりはいいので次回もこんな感じで頼みますよ。

 

【2010/06/04 13:28】 | 日々の出来事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。